Entries

ツライ(>_<) 黄砂

今朝の毎日新聞一面に、
黄砂 かすむビルの街 大阪
という見出しで、黄砂に覆われた大阪のビル街の写真が載りました。
一昨日7日甲子園球場に行ったときも、六甲山がかすんで見えました。

先日行ったソウルでも、街が黄砂に覆われました。
5日はかろうじて青空でしたが、帰国日の6日はほこりっぽかったです。
滞在中、何ともいえない体のだるさを感じ、のども痛かったです。
それは、自分の体調不良による、体の内部からの違和感でなく、外から
何かが入ったことによる不快感。
韓国に住んでいたとき、もともと春は好きな季節なのに、一番体調が
悪い、つらい季節でもありました。
今回の訪韓で、それを思い出してしまいました。

6日の帰国便でもらった中央日報に、黄砂の話題も出ていました。
小見出しには、中国で2年ぶりの最悪の모래폭풍、と。
直訳すると、砂暴風。
砂嵐とでも言えばいいでしょうか。
記事によると、ゴビ砂漠から吹いてきたものだそうです。
日本でも、東日本より西日本のほうが黄砂の被害が大きいかと思いますが、
韓国はより中国に近い、と、黄砂に覆われたソウルで思いました。

中国では、もっとすごいのでしょうね。
私が北京に留学していた80年代も、黄砂はひどく、この時期の外出は、
まともに目を開けていられないほど大変でした。
が、今は当時のように、多くの人が自転車に乗り、車はバス、タクシー、
そしてトラックなど一部、というのと違い、車がとにかく多いですから、
車からの排気ガスだけでも大変な量になるでしょう。

ソウルでは、会う人たちから、ここ数年どんどん空気が悪くなっている、と
聞きました。
私が住んでいたときよりひどくなっているようです。
本気で移民を考えるほどだ、とも。
本当に、何とかならないのでしょうか……

大統領選挙前の韓国で

明日は韓国大統領選挙ですね。
4~6日ソウルに滞在、選挙直前の様子も少し感じることができました。
ブログを700回以上書きながらほとんど使っていないカテゴリー・政治を
今日は使います。
といっても、そんなに詳しく深い話はできないので、お許しを。

あちこちにポスターが貼られていました。
話題になるのはほんの一部の候補者ばかりなので、こんなに立候補者が
いるとは、報道(特に日本の報道)からはわからないですよね。

2017年5月5日 大選候補者ポスター

滞在中会った有権者である友人たちとも、少しだけ選挙の話をしました。
誰に投票するかもう決めた人もいれば、一応決めたけれど迷いがある、と
いう人もいました。
今回ほど、誰に投票しようか、こんなに迷ったことはない、という声も。

帰国便に乗るときもらった中央日報の一面には、
4人に1人が期日前投票をした、
という見出しが出ていました。
小見出しには、全羅南道、光州、全羅北道は30%を超え、
大邱や釜山は20%台前半とありました。
いずれにしても、韓国の人々の選挙への関心は、日本より高いなあと
感じます。

ところで、選挙関連の言葉は、日本と共通する漢字語が多いので、
助かります。
が、微妙な違いもあるんですね。
사전투표(事前投票)
という言葉が見出しにあり、ああ、期日前投票のことだな、とわかりました
が、同じ漢字語でもこの微妙な違い。
これが勉強する上で、ややこしくもあり面白いと思います。
意味はわかるので、非漢字圏の言語の単語を覚えるより、負担は
少ないです。
ちょっと調べてみたら、不在者投票は同じようです。

日本のマスコミも高い関心を寄せ、韓国大統領選について報じていますが、
候補者の反日度をやたらと取りあげるのは、ちょっと控えてほしいなあと
個人的には思います。
たしかに、それによって今後の外交に影響しますが……
ニュースがそういう論調だから、ますますこわいイメージしかわかなくなって
しまうのに。残念です。

写真は、西村(ソチョン)にて。
本人はいませんでしたが(^_^;)
安哲秀氏は、6年前語学堂5級の教科書に出てきたり、安氏と誰かとの対談
をプリントしたものを先生が教材として持ってきたりしていたので、
それらの内容から、もと医者でそれからIT関連の仕事に転身したイメージが
強く、政治家になるとはそのころ思っていませんでした。
さて、明日はどんな結果になるでしょう!?

2017年5月5日 安哲秀の選挙カー

*新しいカテゴリーを作るため、「政治」を、「歴史」と一緒にしました。
2017年5月26日


ソウルに行ってきました!

GW、如何でしたか?
私は、4日から昨日6日まで、ソウルに行ってきました!

2泊3日で行くなんて滅多にないのですが、今回は時間がとれなかった
ので。
それでも近いおかげで、短時間でも楽しむことができました。

なかなか予定がはっきりせず、予約を入れたのは4月末。
普通GW期間の旅行は、直前の予約はむずかしいのかもしれませんが、
政治情勢などが影響しているのかどうかわからないですけど、
予約できました。
料金は、平日よりは高めでしたが、何倍も、というほどではなかったです。

関空は、行きも帰りも混雑。
ただ行きは、昨秋利用したときよりはましでした。
昨秋は、連休中でもないのに、中に入るまで1時間近くかかりましたが、
今回はそんなに長時間待つ必要はありませんでした。
LCCと出国手続きの場所が分かれたからでしょうか。

それに比べ……行きに到着した仁川空港、帰りに利用した金浦空港
ともに空いてしました。
仁川では、入国手続きの待ち時間もほとんどなく……
ソウルに住んでいたころは、人が多くて手続きに時間がかかり、やっと
荷物を受け取ろうとしたらなく……
荷物受け取りの時間が過ぎ、職員によって別の場所に保管されて
いた、ということがあります。
今回は手続きが早く済んだので、荷物が出てくるまで結構待ちました。
以前のように人が多くなくて、拍子ぬけしました。
もちろん、少ないほうが楽なのですけどね。

空港もソウルの街中も、日本人も少なかったですけど、それ以上に中国人
が本当にいない! と感じました。
中国系かな、と思って耳を傾けると、広東語。
香港からのお客さんでしょうか。
政治的な事情とはいえ、中国人観光客を目当てに商売していた店は、
今本当に大変だろうなあと思いました。

ソウルに住んでいたころ、明洞では、日本語表記主体から中国語表記
主体へと変わっていくのを目の当たりにしました。
が、今回は、中国語表記の看板も減っているような印象を受けました。

さて今後は、どうなるんでしょうか。

また今回の旅に関して、アップしたいと思います!(^^)!
写真は、明洞にて。
ちょっとヘンなくまモン発見(^_^;)

2017年5月6日 明洞でちょっとヘンなくまモン発見

唐招提寺の瓊花、春日大社の藤、平等院の藤

桜の次は牡丹と石楠花。
その次は瓊花と藤を見に、昨日一昨日行ってきました。

といっても、藤はよく知られているけど、瓊花(けいか)は珍しいですよね。
昨年も紹介しましたが、唐招提寺で4月下旬ごろから5月上旬ごろに咲く、
鑑真和上の故郷・中国揚州の花です。
普段は入れない唐招提寺の御影堂に咲き、この時期だけ公開されます。
7日までです。
写真は、一昨日1日撮影。

2017年5月1日 唐招提寺 瓊花

派手ではないけど、清楚な白色の瓊花が好きです。

唐招提寺に来ると、中国人観光客を必ずといっていいほど見かけます。
一昨日も、北京から来た人に写真撮影を頼まれ、ちょっと交流。
私が若かったころは、中国から観光で日本に来る人がいるなんて、
ほとんど考えられなかったですから、こうしてちょっとでも会話できるのは
うれしいですね。
瓊花がちょうど咲くころだとは知らなかったようで、ぜひ見てください、
とすすめました。
(韓国語がある程度できるようになってから、特にソウルに住んでいたとき
は、中国人と話すときどうしても韓国語が浮かんでしまい、なかなか中国語が
出て来ず……帰国後もずっとその状態です。
こうして会話するたびに、何とかしなきゃ、と思うのですが。
多言語を上手く使い分け話せる人の頭の中は、どうなっているのか
知りたいです)。

唐招提寺のあとは、唐招提寺近くのバス停からバスで春日大社へ。

2017年5月1日 春日大社の藤

そして昨日は、宇治の平等院へ行ってきました。
だいぶ前のこの時期に行ったとき、拝観券を買うまでしばらく並んで待ち、
やっと入ったと思ったら藤棚周辺ではカメラマンだらけ……
それで何年も足が遠のいていました。
2日は仕事の人もいるからか、前に訪れたとき(そのときは3日でした)
よりはましでした。
ただ、鳳凰堂内部の拝観は、2時間待ちという案内がありました。
私は今回藤が目的だったので、鳳凰堂内部はもっと人が少ないときに
改めて……
日帰りで来られる範囲に住んでいると、出なおせるので助かります。

2017年5月2日 平等院鳳凰堂と藤

桜や牡丹のところでも書きましたが、今年は開花が遅いようで、藤も
もう少し楽しめると思います。

あと、花ではないのですが、興福寺北円堂の特別開扉、おすすめです。
特に無著、世親像には感動しました。
拝観後も、ずっと頭から離れません。
今秋東京国立博物館でも展示されますが、興福寺辺りに出る予定のある
人には、ぜひ北円堂で見てほしいです。
7日までの公開なので、あと少ししかありませんが。

よいGWをお過ごしください!(^^)!

石楠花の室生寺、牡丹の長谷寺へ

一昨日室生寺、昨日長谷寺へ行ってきました。
エリアとしては近いので、一日で行けばよかったのですが、諸事情で
二日に分けて行きました。

室生寺の石楠花、ずっと見に行きたいと思いながら、やはり遠いので、
なかなか果たせませんでした。
20代のころ一度石楠花の時期に行き、それ以来。
きれいでした、とっても。
そして、新緑が美しいですね。
駅から室生寺までのバスからの車窓風景に感動。
時間があれば、片道でも歩きたいと思ったくらいです。

2017年4月28日 室生寺

そして昨日は、友人と長谷寺へ。
集中していろいろ見たり調べたりする必要もあるし、お互いの時間的な
都合もあるので、普段は一人で出かけることが多いですが、親しい人たちと
美しい景色を見、きれいな空気を吸いながらおしゃべりできるのは、やはり
楽しいものだな、と思いました。
年齢を重ねると、こうして一緒に出かけられること自体がありがたい、と
思います。
若いころはそんなこと考えもしなかったですけれどね~

2017年4月29日 長谷寺

室生寺の石楠花は見頃でした。
奥之院の石楠花は、一昨日行った時はまだつぼみが多かったです。
長谷寺の牡丹も、まだつぼみのものが少なくありませんでした。
昨年は4月26日に長谷寺に行ったのですが、すでに枯れている花も
ありました。
今年関西では桜も遅かったので、全体的に開花時期が遅れているようです。
これからもうしばらく楽しめるのでは、と思います。

数年前のこの時期より、このエリアは人出が減っているように感じました。
数字で確かめていないので、あくまで私の感じた範囲ですが。
若い人は、あまり行かないのかなあ?
ぜひ行ってほしいです。
一度足を運べば、そんなに行きにくくないこともわかるので。
また、このエリアはまだ、嵐山や清水寺、奈良公園などと比べ、外国人は
あまり見かけないですね。
まだよく知られていないのでしょうか。
あと、この辺りは平地が少なく、大型観光バスをたくさんとめられるような
場所があまりなさそうなので、ツアーで来る人は他地域と比べ、そんなに多く
ないのかな、と感じました。
個人的な望みですが、こういうお寺には、なるべく団体がどっと押し寄せる
ようになってほしくはないです。
静かにお参りし、体も心もきれいな空気を取り込みたいものです。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR