Entries

『パンダと爆買い』第7章 より深い相互理解を目指して 外国人、外国語に慣れる 続き

第7章 より深い相互理解を目指して
      外国人、外国語に慣れる 続き

 上級編―外国語で直接情報をつかむ。SNSなどで、外国語で発信する。

 第4章感情的距離の「領土問題報道から感じたずれ」でも述べましたが、
日本では日常的に外国語で情報を仕入れる人が決して多くなく、多くが
日本語で情報を得、日本語で発信しています。そうすると、外国についても
日本語の情報を通してしか知ることができなくなる。現地の人はどう思って
いるのか、現地ではどんな報道がされているのかを知ることはとても少ない。
実際のその国と、日本でのイメージがだいぶずれてしまいます。
日本に外国人が急に増えてちょっとこわい、特に中国人はうるさいし
マナーは悪いし領土問題はあるし……となってしまうことがあるのも、そう
いった事情と無関係ではないと思います。
 では、日本人は外国語が全くできない人が多いのか、というと、決してそん
なことはありません。ただ、せっかくできるのに、実際に使うのを恐れる人は
少なくないな、といろいろな場面で思います。
 今まで留学など自分が外国語を習っていて、また、外国語を教えた経験
から、日本人にはありがちなパターンだなあ、と感じる点を書くと、
 教室ではよくでき、先生にもほめられる。テストの点数も高い。が、外では
外国語を使おうとしない。
 
このパターンの人は、完璧を目指しすぎです。外で話そうとしないのは、
相手に、あるいはその場に居合わせた友達などに、できないところを、間違っ
たところを見せたくない、恥をかきたくない、という気持ちがあるのでしょう。
 こういう人は、成績はよく、語学の検定試験の難しいレベルにも合格します。
それを自慢する割に、実際には使えない。テストの成績と運用能力が一致
しない人を何人も見、私はずっとそれが不思議でならなかったのですが、
原因はどうも勉強の仕方にあるみたいです。こういう人たちは、語学に限ら
ず、勉強が、正確に言えば試験勉強が得意なのですね。試験勉強をたくさん
することによって、合格するのです。
 試験によっては、試験勉強をたっぷりすることが必須のものも少なくない
でしょう。ただ語学のオーソドックスな検定試験は、日ごろの力で受験すべき
で、試験前は時間配分や出題の特徴を点検するだけでいいと、私は思い
ます。TOPIK(韓国語能力試験)を受けたとき、試験勉強ほぼ0で臨みました
が、6級に合格しました。それは、私がうんと頭がいいからではなく、普段
韓国の本を読んだり、韓国人と話したり、SNSでは韓国語を使って発信した
りしているからです。
 性格や適性もあるので、あまり自分のやり方を押しつけるわけにもいきま
せんが、試験の点数ばかり重視するよりも、日ごろの勉強を積み重ね、普段
から外国語を受信、発信どちらにおいても使うことが大事です。発信がしん
どければ、受信だけでも効果はあります。そしてそれは、より深い外国理解
にもつながるし、日本を見つめなおす機会にもなります。
 特に今はSNSがあるので、外国人ともつながりやすい。間違えてもいいん
です。積極的に外国語で書き込みをするなどして、運用能力を高めてほし
い。そうすることによって、その書き込みを目にする外国人のより深い日本
理解も進むでしょう。

*この文は一昨年の秋書いたものですが、このあともずっと、というかもっと
こういう不思議な場面に遭遇することが多く、ため息がでます。
なぜそうも100%正確な、ネイティブと同じ発音を目指すことばかりに執着
するのか、なぜ上級者が単語丸暗記を続けるのか、そしてなぜそれに
賛同する(媚びる?)学習者がいるのか……
だから本当の力がつかないのに。
次回(に書くかどうかまだ決めていませんが)、そのことについても書きたい
と思います。

『パンダと爆買い』第7章 より深い相互理解を目指して 外国人、外国語に慣れる

第7章 より深い相互理解を目指して
      外国人、外国語に慣れる

 第6章「外国人コワイ」でも書いたように、韓国から日本に戻り、日本人は
外国人や外国語の前では、ちょっとひいてしまうのかな、という印象があり
ます。
 今まで日本の観光地や飲食店に外国人が押し寄せてくることがあまり
なかったので、まだ慣れていないという面もあるでしょう。外国人に慣れて
いる私でさえ、京都の嵐山や伏見稲荷大社、大阪の道頓堀で、日本人より
外国人が多く、あれっ何かヘンだな!? と感じることはあります。
 外国人、外国語など異文化に慣れるのに一番いいのは、異文化の中に
一定期間放り込まれることです。できれば若いうちに。日本人だらけの環境
は、ちょっと避けて。日本人が一人もいないと、それもまた心細いかもしれま
せんが。自分がマイノリティになったときどんな心境か、心細さを打破する
ためにはどうしたらいいか、価値観の違う人たちに自分の考えをわかって
もらうにはどうしたらいいか。ただ単に外国語がうまくなるということだけで
なく、コミュニケーションの面でも鍛えられます。
 でも、陸続きの外国もない日本ですし、1億を超える人口だと、日本から
無理に出なくても何とか生活できてしまう。どうしても、鍛えられる場面が
減りますね。ですので、外国人訪日客が来続けることで、日本国内でも
異文化に接触する機会ができるわけですから、それによって慣れるしかない
のかなと思います。
 ただ、関心ある分野も人それぞれだし、適性も人それぞれ。異文化には
あまり興味がないし、外国人との接触はストレス、外国語学習も苦手、という
人もいると思います。それでも、外国人と全く接触なく日本人のみのつき合い
で一生を終える、というのは今の時代不可能。今後政治的に何かあっても、
日本に来る外国人の数が0になることはあり得ない。そこで、3段階に分け
て、異文化に慣れることへの提案をしたいです。

初級編ー聞き取れない外国語を耳にしても、動じない。外国人がそばにいて
も、意識しない。

 外国人も、同じ人間です。悩みなんかも、案外共通していたりします。
初級編の場合、外国語ペラペラになる必要はありません。外国語が特別
気にならなければいいのです。それだけでも、日本の異文化受け入れ度は、
グッとアップするし、外国人訪日客も、より気楽に日本に来ることができる
ようになるでしょう。
 韓国に住んでいたとき、私の感触では、日本語は日本で思われている
ほど通じませんでした。植民地時代の人たちが働き盛りだったころは、もっと
通じたかもしれませんが、若い人は日本語より英語です。アジアの言語では、
今は日本語より中国語。ですが、前にも書いたように、私が家族や友人知人
と日本語で会話していても、韓国の人は別に誰も気にとめませんでした。
日本語のわからない人が、日本語が聞こえてきてもあまり気にしない。それ
と同じような状況が、日本でも増えればいいなと思います。

 中級編ー外国人と、簡単な会話が可能。

 こういう日本人が増えたら、ずいぶん状況は変わるだろうなあと思います。
最近(注―この文を書いた2016年後半)、日本の一部の飲食店で、外国人
客は歓迎しないという態度を取る店があると、ネットで話題になります。
その場に居合わせたわけではないので、真偽のほどはわかりませんが、
店員さんも含め、もっと外国語で気軽に話す日本人が増えたら、こういう
ことも減るのではないでしょうか。
 また、コミュニケーションは外国語じゃなくてもいいのです。日本語がわか
る外国人なら、どんどん日本語で話してほしいです。彼らにとっても勉強に
なりますし、楽しいですよ。日本語ができる外国人が増えれば、より深い
日本理解につながりますしね。

上級編は、次回に!(^^)!

韓国の伝統手芸や餅菓子で、ステキな時間―月麓まつりへ

一昨日1月28日日曜日は、大阪谷六にある「からほり悠」で開かれた
「月麓(ウォルロク)まつり」に行ってきました(^^)

2018年1月28日 月麓まつり1

谷六あたりは、古民家をうまく利用したカフェやレンタルスペースなどが
あります。
今回の目的地は細~い路地裏にあり、初めて訪れる私は道に迷い、
ウロウロウロウロ。
なるべくGPSに頼らないと決めているものの、今回も結局お世話になって
しまいました。

やっと探し当て、中に入ったら、大勢の人でにぎわっていました。

月麓まつりは、韓国料理教室「スタジオ月麓」と、
韓国手芸教室の「アトリエ月麓」の先生方が、
この日1日、作品を飾り、韓国の餅菓子やお茶を味わうという時間、空間を
設けてくださったものです。

1階は飲食スペースと、手芸作品や材料の販売など、
2階は作品やコレクションの展示、そしてワークショップでした。
古風な建物と作品が、とてもよく調和していました。

2018年1月28日 月麓まつり2

日本でこういう韓国の伝統的な美しいものに囲まれる時間が持てるのは、
幸せですね。
韓国風のアクセサリーは好きでいくつか持っており、最近は自分でも
作れたらいいなあと思っています。
今回も、ワークショップに参加したかったのですが、時間がなくて申し込み
できず……いつか挑戦したいです。
もともと手芸大好きなのですが、最近はなかなか……ですね。

写真には撮っていないのですが、餅菓子、とってもおいしかったです。
日本でコリアタウンなどに行けば売ってはいるものの、おいしいものには
なかなか巡りあえません。
もちろん韓国でも、ちょっとがっかり、というときもありますが。
ですので、今回はおいしい餅菓子が味わえ、本当にうれしかったです。

以前他の似たようなイベントを取り上げたときにも書きましたが、
こういう空間、時間って、とても大切だなあと感じます。
今回も、いろいろすべきことがあり、どうしようかちょっと迷ったけど、
やはり行ってよかったです(^^)

2018年1月28日 月麓まつり3

済州島の旅で印象に残った風景―キャベツ畑

済州島の農産物といえば、まず思い浮かぶのは、ミカン。
今回の済州島の旅でも、ミカン畑や、ミカンの直売所などをあちこちで見まし
た。
が、今回、とっても印象的だったのは、キャベツ畑です。
よく知らなかったので、バスからの車窓風景であまりにもキャベツ畑が続き、
驚きました。

路線バス、特に急行バスは、ジェットコースターのようにビュンビュン進むので、
海や畑を車内からうまく撮るのは不可能。
でも、前回書いた海女食堂へ行った日は、海岸沿いをずっと歩いたので、畑の
写真を撮ることができました。

2018年1月8日 済州島のキャベツ畑

なぜこんなにキャベツ畑?
不思議に思い、韓国語で検索してみました。
そうしたら、キャベツがいかに身体にいいか、という健康情報がいっぱい
……
ああやっぱりなあ、と思いました。
ゴーヤについて調べたときも、そうでした。
料理としてより、薬としての効能がたくさん出てきましたから。

調べ方がうまくなかったのと、時間不足とで、結局こんなにキャベツが栽培
されている理由は、わからず。
面白いなあと思ったのは、日本に輸出している、という記事が出てきたこと
です。
今もそうなのかはわかりませんが。
でもたしかに、日本のほうが、キャベツをよく食べますよね。
韓国では、日本ほどキャベツが料理としては出てこないような気がします。

ちなみに、以前韓国で買った『菜蔬手帳』(野菜手帳)のキャベツのページ
は、

キャベツは、西洋の3大長寿食品(オリーブ、ヨーグルト、キャベツ)に
数えられるスーパーフードだ。

という文で始まっています。

最近、昨年の韓国の新聞に連載していた記事をまとめる作業のため、
また慌ただしくなりました。
昨年1年間の忙しさほどではないですが……
食文化にはとても興味があるので、キャベツについても、また作業が
落ち着いたら、改めて調べてみたいです。

歩いていたら、キャベツをトラックに積み込む様子も見ることができました。
旅先でこういう風景が見られるのは、楽しいですね(^^)

2018年1月8日 済州島 キャベツの出荷風景

済州島の海女食堂であわび粥を

済州島路線バス一周の翌日は、済州市のバスターミナルから、前日乗った
のと同じ路線の、西帰浦市まで西回りに行く急行バスに乗りました。
この日の目的は、海女食堂であわび粥を食べることと、海岸沿いを歩くこと
でした。
目当ての海女食堂は、韓国の友人からもらった本に出ていた食堂です。

バスに乗ってから1時間くらいでしょうか、翰林邑で下車し、来た道を少し
戻る形で、各停バスに乗り換えました。
帰德里という名のつくバス停で降りれば、何とか海女食堂にたどり着けそう
だったので、帰德里何とかいうバス停で下車。
道を歩いていたおじさんに、海女食堂はどこか聞いたら、海沿いの方向を
指さしました。
済州島には何とか海女食堂ってあちこちにあるようなので、別の海女食堂
のことかな? とも思いながら畑道を歩いて行くと、ありました!

2018年1月8日 済州島 海女食堂

せっかくたどり着いたのに、休み……なんてこともありますが、無事営業中。
まだ時間は早かったけれど、すでにお客さんが何人か来ていました。
食べたいものはいろいろあるけれど、とにかく済州島に来たらあわび粥!
ということで、あわび粥を注文。
おいしかったです!(^^)!
ソウルのチェーンのお粥屋さんで、あわび粥は注文できなくなりますね(^_^;)

2018年1月8日 済州島 あわび粥

お店の人に、韓国の友人にもらった本を見て日本から来た、と言ったら、
とても喜んでもらえて、サービスまでつけてくれました。
そして、本に紹介されていることを知らなかった、と本の写真を撮って
いました。
本には人も出ているのに……経営者が変わったのかしら?
そのへんは、調べていないので不明ですが。

食堂では、店員さんの一人に、なぜか中国語で話しかけられました。
時々あるんですよね、こういうこと。
日本でも(^_^;)
しゃべっていないのになあ。
中国人に見えるんでしょうか?
日本から来た、って他の店員さんに話していたのにねえ。

それはいいとして、なんでもこの店員さんは、中国から出稼ぎに来ている
とのこと。
済州島は、働き口が少ないから、私のような人は減っていると言って
いました。
韓国語を操り、レジの扱い方なども韓国人よりも詳しく、リーダー格のように
見えました。
たくましいですね、異国の地で。

この旅は、韓国で特派員だった家族と一緒の旅。
二人とも韓国語がわかるとはいえ、地理がよくわからない地で動くのは、
けっこうしんどいときがあります。
ソウルだったら楽なのに、と思いながら動いたりして……
でも、個人で動くと、こういう出会いがあるから、楽しい。
思わぬ人との出会い。
一度きりですけど、なんか、人間味を感じ、温かい気持ちになれます。

次は、この日に見た風景などを紹介できたら、と思います。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR