FC2ブログ

Entries

南禅寺の紅葉

昨日は、毎月21日に開かれる東寺の弘法市でした。
久しぶりに、行ってきました。
それについてはまた書くとして、今日は、弘法市の後訪れた南禅寺とその
周辺についてです。

2019年11月21日 南禅寺三門

東寺から南禅寺まで移動したのは、南禅寺から近い野村美術館の展示が
見たかったからでした。
そして、せっかくなので、南禅寺とその周辺の紅葉も楽しもう、という感じで
足をのばしました。

東寺から京都駅まで歩き、そこから地下鉄で烏丸御池へ。
烏丸御池で東西線に乗り換え、蹴上駅で下車。
こうすると、バスの大混雑や、渋滞に巻き込まれなくてすみます。
いつもは蹴上駅ってそんなに乗降客が多くはないのですが、紅葉シーズン
は多いですね。
京都では、住民に影響が出るくらいバスの混雑がひどいので、それを緩和
させるためにも、地下鉄利用客が増えるのはいいことです。
蹴上駅から南禅寺を経て哲学の道に入る道は、とてもいい雰囲気ですし。

それにしても、人、多かったです。
上の写真にも写っているかと思いますが、レンタル着物らしきものを着た
人が。
昨日はそういう人を、何人も見かけました。
外国人が多いかな、という印象です。
日本人が、ソウルで韓服着て歩くのと似たような感覚なんでしょうかね。
私は着物、見るのは好きだけど着るのは苦手なので、着物着て京都を
散策、は、なかなかできないですが(^_^;)
きっと、楽しいんだろうなあ。
記念写真撮るのにも、いいですね。

紅葉は、近くで見ると、くしゃくしゃになっていたりちょっと枯れていたりして、
決してきれいではありません。
ですので、接近して写真を撮るのは、あきらめました。
ここ数年ずっと思うことですが、温暖化などで、きれいに発色しなくなって
いるのかなあ。
でも、少し距離を置いて見れば、大丈夫。

水路閣も、水路閣近くの南禅寺法堂あたりも、色づいていました。

2019年11月21日 水路閣 2019年11月21日 南禅寺法堂

そして、野村美術館の展示。

2019年11月21日 野村美術館

南禅寺、永観堂~哲学の道というコースの、哲学の道に入る前のところに
あります。
展示数は多くないですが、いつもステキな展示をしています。
ここは、韓国や中国とのつながりも深いそうですよ。
韓国の作家さんの個展を見に行ったこともあります。
この周辺の散策の折に、ぜひ立ち寄ってみてください。
12月1日まで。

紅葉の時期、京都はどこへ行っても大混雑ですが、南禅寺周辺は、人が
多いとはいえ、一本違う道を歩いたりすれば、割合歩きやすいエリアかと
思います。
昨日は行けなかったのですが、永観堂の紅葉も、おすすめです!(^^)!

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR