FC2ブログ

Entries

秋の香り

かなり古い話ですけど、冬ソナをはじめとした、韓国ドラマの「四季シリーズ」。
「……の香り」は、「夏の香り」ですね。
今日の話は、夏ではなく、秋の香りです。
似たような話を、以前ブログのどこかで書いたかもしれませんが。

季節の到来を感じるのは、花、食べ物、季節ごとの行事など様々です。
昨日は、USJへの乗り換え駅を通ったとき(私が行ったのは京セラドーム
ですが)、ハロウィンの格好をした若い人たちがホームにたくさんいました。
こんな風景から、「ああ秋だなあ!」と感じる人もいるでしょう。

新しい季節の到来は、どちらかというと目で感じることのほうが多いです。
が、唯一秋は、目だけでなく、においで感じます。
それはなにかというと、やはり、外に出ると感じるキンモクセイの香りですね。
けっこう強いので、もしかしたら、あまり好きじゃない人もいるかもしれません
けど。消臭剤みたいって。

水仙、梅の花など、いい香りのする花はほかにもありますけど、ある程度
近づかないとわからない。
それに比べると、キンモクセイは、住宅街を普通に歩いていても感じるので、
嗅覚で秋の到来を知らせるものになっているのでしょう。
先日奈良興福寺に行ったときも、キンモクセイが。
興福寺には春の北円堂特別公開のときも行きますので、春の訪問時とは
違うなあ、とにおいで感じました。
あとでお寺から商店街のほうに向かって歩いていたら、大きなキンモクセイ
の木がありました。

今秋は、家の近所を歩いていてもなかなか香ってこなくて、もしかして台風で
飛ばされた?と心配していましたが、10月半ばくらいから、やっと。
気温の高い時期が長引くと、開花も遅れるんでしょうかね。

先日、キンモクセイ以外に、ああ秋の香り!と思ったものがあります。
それは、ミカン。
今、来春のセンバツがかかる高校野球秋季大会が各地で開かれています。
近畿は、大勢の観客で大変なにぎわいです。
私も何度か足を運びましたが、球場で時折感じるのは、誰かが食べている
ミカンの香り。
なんだか、子どものころの運動会を思い出します。
昔は運動会は、春ではなく、秋でしたからね。
冬以降に出回るミカンのにおいとは違うんですよね。
早生ミカンの特有のにおいなんでしょうかね。

ふと、若いころの中国留学や、8年前から3年間暮らした韓国ではどう
だったかな、と考えてみました。
が、目で感じる季節の変化のほうが大きくて、秋特有の香り、というのは
なかなか思い出せないです。
何かあったかな……行ったら思い出すかな?
中国の冬の、石炭のにおいだけは強烈な記憶がありますが。

地球温暖化の影響か、春や秋といった過ごしやすい季節が短くなって
悲しいかぎりですが……
貴重な過ごしやすい今の時期を、大事にしたいです。
そして、もうこれ以上台風の被害が出ませんように。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR