FC2ブログ

Entries

お米の味

食べることは、好みの違いがあるにせよ、人が生きていく上で必ずしなければ
ならない行為。
霞だけで生きていくなんていうのは、無理ですよね。
ですから、困るのは、国外にせよ国内にせよ、自分がなじんだ味のものが
食べられないとき。
あまり遠くに旅行に行かない人でも、出張や転勤で慣れない土地にしばらく
暮らすとか、大なり小なり経験があると思います。

昨日負けて終わっちゃいましたが、U18関連のネットニュースにも、食事が
口に合わなくてつらい、という話が載っていました。
私は韓国に3年暮らした経験から、日本人にとっては、お米も海藻も魚も
あり、野菜料理が外食でも豊富な韓国は、他の国に暮らすよりずっと楽だと
思っていました。
特にお米の味が違う、という話には、おいしいお米もあるのになあ~
と思いながら記事を読みました。

これは推測でしかないのですが、自分の経験から、ホテルの朝食などは、
あまりおいしいと思ったことがありません。
だからおいしくなかったのかな。
高級と言われるホテルでも、そう。
もちろん、おいしいところもあり、自分がそういうところに滞在した経験が
ないからそう思うのかもしれませんが。
韓国でホテルに泊まるときは、なるべく素泊まりにして、食事は、周辺の
食堂に行きます。
そのほうが、安くておいしいんですよね。
もっとおいしいお店で食べられたら、印象も違っていたのかな、と思います。
中には、もりもり食べていた選手もいたみたいで、こういう子は、どこに
遠征しても、どこに暮らしても、たくましく生きていけるでしょうね。

高校生の野球選手の食に関する話では、海外遠征だけでなく、国内での
話も、へえ~と思ったことがありました。
米どころ出身の選手が、首都圏の高校に野球留学し、お米がおいしくない
と感じたという話。
日本国内でも、そんなに違うんだ!と驚きました。
私は首都圏出身ですが、お米がおいしくないと特に感じたことはないです。
味覚が鈍いのかな!?
おそらく、お米そのものの味以外に、炊き方などいろんな要素が関係して
いるのでしょうね。
米どころにしばらく滞在する機会があれば、ああなるほど、と納得するかも
しれません。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR