FC2ブログ

Entries

やっと英語が楽しくなってきた

前回、自分のための勉強で、机に向かってする勉強に使うエネルギーが、
なかなかわいてこなくなったことに触れました。
でも今唯一、コツコツと続けているものがあります。
それは、TOEICのための問題集を解くことです。

中国語や韓国語が好きで、日本語についての勉強も好きで、ブログにも
本にもそれについて書いてきたのに、英語はずっと苦手で嫌いでした。
英検も、普通学生時代に受けるのに、私は29か30か忘れちゃったけど、
それくらいになってから初めて受験しました。
試験会場は、若い子ばっかりでした。
高校生(多分)に混じって、のこのこ会場に出かけて、2級の面接試験を
受けるという……
幸い受かりましたけど、30くらいになってからなんて、ちょっと遅すぎますね。

中国語が大学入学後開始、韓国語は40半ば過ぎてから開始。
今、聞いたり話したりが一番しやすいのが韓国語、読むのは中国語の
ほうが読みやすいです。
一方、英語は中学で始めたのに、四技能も全て中韓よりずっと苦手、
というか、話にもならない。
恥ずかしいですけど、まず聴きとるのが難しいです。
語彙も貧弱だし。

以前学校で外国人生徒に日本語などを教えるさい、必要な言語は中国語
でした。(当時はまだ韓国語はできなかったです)。
英語は、中学英語もおぼつかない、というか、アルファベットもろくに書けない
高校生がいたので、英語の初歩の初歩は教えましたが、英語を手段として
使って仕事をするということは、ありませんでした。
それもあって、いいやできなくっても、と。

でもやっぱり、必要なときが出てきますよね。
アメリカやNZに行ったときも、もっと英語ができたらな、と思ったし、日本に
いても、英語力がもっとあれば、と思うことはあります。
また、親しい従妹がヨーロッパ人と結婚し、相手の人との共通言語が英語
のみなので、どうしてももっと話したいな、というのもあります。
話せたら楽しいですもんね。
韓国語での執筆もやめたので、その分、エネルギーを英語に注ごう、と
今年は勉強しています。

今年のはじめごろ、頚椎症がひどくなる前は、1月に行ったタイについて
知りたかったので、英語で書かれたタイのガイドブックをある程度読み
ました。
そういうやり方を続けてもよかったのですが、ふと、一度も受けたことのない
TOEICを一度受けてみようかな、と思い、試しに問題集を買って少しやって
みました。
病気がひどかったときは、買ったのも忘れてしまったほどでしたが、よくなって
きてから、思い出して取り出し、少しずつ解いています。

個人的には、語学の勉強は、問題集を解くのを主にすべきではない、と
思っています。
が、今回やってみて、案外面白いです。
なんでかな、と考えてみて、ひとつは、ゼロからの言語ではないから、今まで
しっかりしていなかった部分が、問題集を解くことによって、ちょっとつながり
が出てきたというか、バラバラだったものが少し体系化されてきているのかな、
という爽快感でしょうか?

あとひとつは、問題集がとてもよく、とても丁寧に作られているからかなあ。
よく使う表現をうまく織り交ぜ、順序よく出されている。
一日一日の解く量が、ちょうどいい分量。
そして、例題の日本語訳まできちんとついている。
至れり尽くせりですね。
そのおかげで、わかんない単語ばっかり、と、時間をかけてたくさん調べなくて
もすむから、負担が少ないです。
これだと、病みあがりでエネルギーが少なくても、ちょっとずつ進めることが
可能です。
おまけに、他の言語と比べて、値段も安いですよね。
これは、とても助かります。
以前と比べだいぶお買い求めしやすくなったとはいえ、中国語や韓国語の
参考書などは、英語と比べると高めです。
学生時代はもっと高かったので、ほんと、苦しかったですねえ、書籍代の負担。

ただ、懇切丁寧というのも良し悪しで、中国語や韓国語は、いい教材が
あまり多くない中で勉強したので、自分でがむしゃらに辞書を引いて調べ
身につけた部分が大きいし、だから力がついたのかもしれません。
いい教材、特に読解教材が少ないから、早くから原文を読み、その分上達
したという部分もありますし。

今はエネルギーがあまりないので、しばらくの間は、丁寧に作られた英語の
問題集に頼って勉強しようと思います。
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR