FC2ブログ

Entries

アドベンチャーワールドでパンダざんまい

一ヶ月ほど前の平日、和歌山白浜のアドベンチャーワールドに日帰りで行って
きました。
一人で出かけることが多い私も、アドベンチャーワールドに行くときは、
いつも誰かと一緒。
今回、初めて一人アドベンチャーワールドを体験しました。

一番の目的は、ジャイアントパンダ!
中でも、昨年末見に行った子パンダ彩浜を見るためでした。
いつも、赤ちゃんが生まれるたび、もっと足しげく通おう……と思うのですが、
同じ関西圏とはいえ白浜まで行くのは大変。
そのうち、赤ちゃんも大きくなってしまうという……
でも今回は、彩浜が大きなパンダになる前に、子供らしい姿をぜひ、と思い、
平日日帰り一人旅で行くことに決めました。

本当は、せっかく行くのだから、温泉につかって一泊して、とも考えました。
でも、予算、時間その他いろいろ考えると、なかなか難しい。
一人でリゾート地に行くのって、宿も限られるし、かなり割高ですし。
それで、主目的のパンダ一本にしぼろう、と決めました。

がんぱって早起きし、天王寺まで出て、特急くろしお号(自由席、結構混んで
ますね)、白浜駅からアドベンチャーワールドまでのバス(これも平日なのに
大勢の人)、と乗りついで、11時前には到着。
彩浜とお母さんパンダの良浜、お父さんパンダ永明がいるエリアに直行
しました。

2019年5月16日 白浜良浜と彩浜

昨年末見たときと比べ、だいぶ子供っぽくなった彩浜は、ころころころころ、
よく動いていました。
とにかくその動作ひとつひとつが、かわいくてかわいくて(*^_^*)
よじ登ろうとしてぽてんと落ちたときも、歓声がわきました。

彩浜のお姉さんパンダたちは、別のエリアにいます。
もちろんみんな大きくなっていますが、大人パンダもかわいく、愛きょうが
あります。

2019年5月16日 白浜結浜と桃浜

↑ガラスの奥(左側)が結浜、手前が桃浜。
木登り、お食事タイム、お昼寝。
また、どこかがかゆいのか、かいかいかいかいかいてみたり。
すべての動作が面白くて、見ている人たちを飽きさせません。
ここはよく見えるので、たとえ寝ていても、その寝姿がたまらなくかわいい
んですよね。

アドベンチャーワールドには、桃浜の双子の姉妹の桜浜もいますが、この日
桜浜は出ていませんでした。
年末に行ったときは会えたので、ちょっと残念。

アドベンチャーワールドは見どころがたくさんあります。
が、この日は、パンダにどっぶりとつかる日にし、他の動物はカピバラとペン
ギンを見に行ったくらいで、ほとんどパンダの二つのエリアにいました。
二つのエリアを、三往復しました。
それだけで数時間過ごしました。

先日東京に行ったとき、香香を見に行きました。
見たい見たいと思いながらも、かなり待たなければいけないみたいだったし、
東京に行く機会も限られているので、なかなかかないませんでした。
この間はなんとか時間が取れ、また、もう以前ほどは混まないかな、と思って。
平日の昼前にパンダ舎に行ったのですが、並ぶことは並びました。
だいたい40分くらい待ったでしょうか。
先月の白浜は待ち時間なしで見放題だったので、上野ではちょっとつらかった
ですけど、これでも上野の場合はだいぶ見やすくなったんだろう、と考えながら
順番が来るのを待ちました。

香香、まだ大人パンダのサイズではないけど、もうだいぶ大きいんですね。
香香もお父さんパンダも、寝てました。
写真撮ろうとすると、立ち止まらないで~~という係の人の声が。
せかされるように、出ました。
寝姿を一瞬見ただけでした。
写真はなんとか撮ったけど、やはり白浜のパンダのほうが、ずっと撮りやすい
ですね。

もっとも、平日うんと混まなければパンダ見放題といっても、首都圏から白浜
まで行くのが大変です。
でも、パンダ好きの人には、ぜひぜひ!おすすめです。
水曜日休み、その他休園になる日があるかもしれませんので、その辺は
事前にご確認を。
(水曜日は営業している月もあります。営業時間も、夜間開園のときも)。

白浜ではじっくりパンダとご対面できます。
ずっと見ていると、なんだかお友達になった気分に。
パンダはこちらのことなんか、わからないんですけどね。
別れ際は、ちょっと目がうるんだりして。
(パンダはなにも知らず、バリバリバリバリ音を立てて竹を食べてましたが)。
それくらい、かわいいです!(^^)!
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR