FC2ブログ

Entries

韓国 三面記事からーー老眼をねらった事件

おととい(2013年7月29日)、三面記事からニセ警官の話を紹介しましたが、
今日は他の三面記事を。
今年初めの記事なので、ちょっと季節はずれですが。
2つの記事、いずれも「老眼」をねらった犯罪の話です。


1つ目は、目の悪い年配の露天商ばかりをねらった、紙幣偽造主婦の話。
30代主婦キム氏は、江原道の市場で、旧正月前の2月初、3日間にわたり
27回も買い物。市場で出した現金は、139万ウォン。
市場で買うものは単価がそんなに高くないが、キム氏は、1万ウォン・
5万ウォン札のみ使用。
5万ウォン札を出して千ウォンの豆もやしを買う、というふうに、
おつりとして合計約80万ウォン受け取っていた。

キム氏が使ったお金は、自宅のコピー機で作った偽造紙幣だった。
5万ウォン札30枚、1万ウォン札178枚を、本物のお札をA4用紙などに
コピーし作成。
キム氏は、視力の悪いお年寄りたちが運営する露天商ばかりをねらい、
豆もやしや粟などの食材を、偽札で買っておつりで本物の紙幣をもらう、
という行為を繰り返した。
旧正月前の、特に忙しく気づかれにくい時期をねらっての犯罪だった。
が、キム氏が払った紙幣の色も触感もおかしなことに気づいた商人たちの
通報で、御用となった……

キム氏は、3,500万ウォン以上もの借金を抱えていたそうです。
偽札を作ったのも、借金を返すためだったとか。
偽札の話は、世界どこでもあり、本物との区別が難しいくらい精巧なものも
あるようですが、
きっと彼女が作った偽札は、チャチだったんでしょうね。


もう1つは、ニセ眼科医の話。
主にお年寄りのタクシー運転手をねらったニセ眼科医の30代のヨム氏。
タクシーに乗ると、運転手に「私は眼科医」と、目の健康についてしばらく
会話。降車のとき、「目の検査をしてあげましょう」と、運転手の瞼を
裏返し、そしてマッサージ。かなり強いマッサージで、運転手はクラクラ。
そのすきに、タクシーの売上金をかっさらうという行為を繰り返し、
運転手27人から総額600万ウォンを盗んだ。

「ニセ眼科医」ヨム氏は、前科19犯。
警察は、貴金属店窃盗の容疑でヨム氏を調べていた中で、彼の携帯電話に、
瞼を裏返している動画がたくさんあることを発見。
そこからニセ眼科医の犯罪が発覚した……


1つ目の貨幣偽造主婦の話は、どこにでもありそう?ですが、
2つ目のニセ眼科医の話は、犯人がよくまあこんなこと考えたなあ、と。
そのアタマ、もっといいことに使えばいいのに^_^;

参考記事:2013年1月11日(ニセ眼科医)、2月28日(貨幣偽造主婦)
     東亜日報
*為替レートは、このところ大体100ウォンが9円くらい?

写真は、南大門市場。写っている紙幣は、もちろんオモチャです。


2013年5月4日 南大門市場2
スポンサーサイト



Comment

 

ぱんだパパもんは、ニセモノじゃないよ。 ほんものだよ。@(・●・)@
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.07/31 13:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR