FC2ブログ

Entries

エネルギーは無限じゃない

前回、もの書き関係の肩書きを、プロフィールが必要な場所で表示するのを
やめた旨書きました。
そうしたら気が楽になったことも含めて。
自分の取り組むことについて、あまり考えすぎるのも悩みばかり増えて却って
つらいかな、とも思いながら、たまに自分がこれから何をしたいのか、どういう
人でありたいのか、考える時間は必要だなあとも思っています。
そしてそれが必要なのは、加齢とともに、エネルギーは無限じゃないなあと
感じている、ということもあります。

何に取り組むか、その優先順位も含めてよく考えたほうがいいなあと
思ったのは、時間は無限じゃない、というのももちろんありますが、それだけ
でなく、ヤル気に関わるエネルギーって無限じゃないし、それは年齢とともに
益々限度が大きくなっていく、と体力の衰えとともに感じていることが関係
あります。

2008年、家族の転勤で、大阪で行っていた日本語教育や中国語関連の仕事を
辞め、東京に引っ越し、前から気になっていた韓国語の勉強を開始。
その後はやはり家族の転勤でソウルに引っ越したこともあり、自分の勉強や
仕事がきっかけでないとはいえ、置かれた環境はいかしたほうがいいと思い、
韓国語関連の取り組みを主にしてきました。
日本に帰国してからも、それを継続、発展させがんばってきました。

昨年は、一昨年韓国の新聞で書いていた連載記事を、本にまとめ出版。
そこまではよかったのですがその後、前回も書いたように、これ以上この
関係でがんばっても仕事として成立させるのは困難、と知りました。

それがわかったのに、今まで通り韓国語主体に勉強、取り組みを続けても
……
という気持ちと、中国語に触れる時間を増やし、以前の状態に、できれば
それ以上にしたい、という気持ち。
また、英語をどうにかしなければ、という気持ち。
それで、自分の生活の中で、どの言語にどれくらい時間やエネルギーを
注ぐか、を考えなおしました。

よほどの例外をのぞき、もう韓国語で記事や本は書かない。
と決めたら、中、英の時間を増やし、韓国語の時間を減らすしかない、と。
それを、今年は実行しています。

実行してみて、思いました。
やはり、エネルギーは無限ではなく、何か取り組みたいことが複数ある場合
は、エネルギー配分を考えなきゃならない、と。
3年前、まだ韓国語関係の取り組みが昨年、一昨年のようではなかったとき、
中国語上級の聞き取りをしていました。
(ブログでも3年前の3月に紹介しています)。
決して楽ではないけれど、力を取り戻すにはとてもいい教材です。
あといくつかで終わる……というときに、大阪から兵庫県に引っ越し。
その後、韓国の連載記事が始まって、中国語のテキストの存在を忘れる
ほど、それどころじゃないという余裕のなさで、韓国語で文を書くことに
必死に取り組んできました。

最近やっと、この中国語の聞き取り教材の勉強を復活させました。
エネルギー配分を変えたことで、取り組む元気が出たんですね。
やはり、なんとなく過ごすのではなく、時には自分のすべきことの優先順位を
考え、それを実行するのは大事だな、と感じています。
もちろん、うまくいかないこともあるだろうけど、それは軌道修正すればいい
のです。

英語も聞き取りとなると、しんどくなって続かなくなっちゃうので、英語は、
先月行ったタイについて書かれた本を、少しずつ読んでいます。
これなら楽しく、あまり負担なくできるので。

でも、韓国語を完全にやめてしまうのは、あまりにもさびしい。
ということで、しばらくはドラマで維持することにしました。
ドラマなどエンタメ的なものはあまり効果ない、とみる人もいますが、私は
自分の学習経験から、大いに役立つと思っています。
もちろん、ドラマを見ているだけでは不足してしまいますが。
あと、たまに話す機会もありますし、たまには旅行でも行きますので。

実は、もうひとつ新しい言語を勉強しよう、と考えています。
しばらくは難しいけれど、そう遠くないうちに実行したい。
こういう考えが持てたこと自体、心に余裕やヤル気が出てきたということ。
韓国語関係で、がんばればがんばるほど、いい奥さんでいればいいみたい
な扱いが増えて、しばらくの間かなり失望していました。
ですから、新たに外国語学習を、と思えたのは、失望から少しずつ脱出
できる兆しかな、と。
新しい外国語学習については、またいつか報告します!(^^)!

今使っているのは、右側の教材。
言いよどみ、言い間違い、雑音……きれいな発音ばかりが入ったものでは
ないですが、実際には周囲がガヤガヤしているところで聞きとらなきゃいけ
ない場合のほうが多いですから、勉強になります。
自然な会話を聞いたあとに流れるいくつかの質問が、とてもきれいに
聞こえます(^_^;)

2016年3月2日撮影 東方書店の中国語聞き取り教材
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR