Entries

韓国の泥棒は木登り上手!? 高層階もスルスルと

韓国紙を見ていると、ときどきあれっ?て思う記事に遭遇します。
2013年2月15日の朝鮮日報。
「ガス管カバー……」の見出し。
なんだろう、と思って読んでみると……

韓国の高層マンションに侵入する泥棒の中には、
建物外部のガス管を登って部屋に入るものがいるとか。
ある泥棒は、10階以上の4世帯に侵入、貴金属などを盗みました。
このマンションの監視カメラの記録を見たところ、
泥棒は、1つの階を登るのに5秒とかからなかったそうです。
こわくないんでしょうか?
記事には、泥棒にはこんなの「朝飯前」って書いてありましたが。

そんなガス管スルスル登り泥棒の侵入を防ぐための設備が、
記事に紹介されていました。
ガス管を、マンション外壁に密着するカバーで覆うもの、
ガス管にトゲトゲをつけたもの
(名前を直訳すると、「鉄製トゲ服」)、
あるいは、油を塗って登れないようにする方法もあるそうです。
高層マンション、といっても、防犯設備は1階部分のみに設置すればいいため、
費用が安い割に防犯効果は大きいのですが、
設置義務がほとんどの自治体でないし、
まさか高層階の家に泥棒なんて……と他人事に思われているからか、
ガス管用防犯設備を設置している共同住宅はあまりないそうです。

ソウル市内には、かつてガス管用防犯設備設置を義務化した自治体もありました。
が、撤回。
なぜかというと、高層階の住人が火事などで逃げるとき、
ガス管を伝わって降りるかもしれないから、だそうです(@_@;)
記事のその部分を読んで、恐ろしくなりました。
そう、韓国のマンションは、冬寒いからかなんでかわかりませんが、
日本のように、ベランダがありません。
日本のマンションに住んでいたときには、避難用装置がベランダにありました。
そういえば、今住んでいるソウルのマンションには、そういう装置がない。
うちは11階。もしものとき、どうやって逃げるんでしょう!?
一応、非常口はありますが……

うちのマンションのガス管のことも気になり、確認してみました。
うちの場合、ガス管は1階部分だけ露出していて、
2階以上では建物内を通っていました。
ということは、ガス管を登って泥棒が入る心配はないけど、
高層階からの避難経路としてガス管は使えない、ということです。
何も起こらないことを願うしかありません(^_^;)
2013年2月 ガス管カバー記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR