FC2ブログ

Entries

「だから仁川」 私の場合 2018年1月江華島日帰りの旅1

先月20日大阪で開かれた仁川関係のイベント「だから仁川」に参加したこと、
ブログにアップしました。
そのときも書きましたが、私、今年1月江華島に日帰りで行ったのです。
が、それをブログにアップしたつもりが、まだだったことに気づきました。

今日は、簡単ではありますが、その江華島日帰り旅について書きます。

1月、済州島の旅(ブログで紹介済み)に行ったあと一旦帰国してすぐ、
1週間ほど一人でソウルに滞在しました。
そのとき、友人の案内で、江華島、京畿道広州に、それぞれ日帰りで
案内してもらいました。
広州は、陶器関係で。
江華島は、ソウルから近く、また、歴史、宗教、政治、食……韓国のいろいろ
な要素が詰まっている場所として、行き先として決めてくれたのだそうです。
ソウルに住んでいたとき、北朝鮮が見える展望台や支石墓などには
行ったので、それら以外のところに行きました。

へえ~と思ったのが、お寺が多いことですね。
時間の関係で、そう何箇所にも行けないので、特におすすめのお寺を
選んでもらいました。
1箇所、車でも時間のかかるお寺にわざわざ連れていってもらったのに、
そこは工事中で入れなかったという残念な経験もしました。
が、そこは、またいつか訪れたいです。

日帰り旅の最初に行ったのは、傳燈寺という古いお寺です。

2018年1月15日 傳燈寺1

このとき説明してくれた専門家の話や、韓国で買ったガイドブックなどに
よると、このお寺は4世紀末、高句麗のころにできたと伝えられているのだ
そうです。
日本に仏教が伝わり、お寺ができたころよりも遥か昔ですね。
ガイドブックによると、高麗時代には、モンゴルからの侵略対策として、
一時江華島に遷都。
そして、傳燈寺内には、偽の宮殿が造られたのだそうですよ。

このお寺、境内の建物や木々が大変興味深いだけでなく、城郭もあり、
深く調べたらすごく面白いお寺だな、と思いました。
今その時間が取れず、簡単な案内しかできませんが、江華島へ行ったら、
ぜひ訪れてほしいお寺です。

2018年1月15日 傳燈寺2

韓屋様式の大韓聖公会江華聖堂も、なかなか興味深い場所です。

↓聖堂外観

2018年1月15日 大韓聖公会江華聖堂外観

何も知らないと、とても聖堂には見えないですが、中に入ると、

2018年1月15日 大韓聖公会江華聖堂内部

↑こんな感じです。

江華島は、中国、北朝鮮からも近く、地理的に非常に重要な場所ですよね。
日本でも歴史的事件に名前が出てきますが、韓国の歴史小説にも江華島が
登場するので、深く調べたら、朝鮮半島のこともよりよくわかって面白いだろ
うな、と思います。
ソウルから十分日帰り旅で行けるところなので、おすすめです。
でもできれば一度、泊まりがけで行って、ゆっくりまわってみたいですね。
食べ物もおいしいです。
市場も、魅力的。
「江華島の旅2」では、ちょっとその話を!(^^)!



スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR