FC2ブログ

Entries

おすすめ 上野のびわ湖長浜KANNON HOUSE

前回の記事で、滋賀県湖北の「観音の里ふるさとまつり」に行った話を
書きました。
湖北には何度も通っているのに、このまつりの存在を知ったのは最近で、
しかもそれは関西ではなく東京の上野だったことにも、触れました。
その、まつりを知ることになったきっかけの
びわ湖長浜 KANNON HOUSE(以下、観音ハウスと表記)について、
今日は書きたいと思います。

↓観音ハウス内部
2018年9月1日 観音ハウス内部

まず、観音ハウスを知ることになったきっかけですが、今年8月13日の、
朝日新聞夕刊の記事でした。
「長浜の観音さま 上野で会える」という見出しの記事。
記事には、長浜から遠く上野でこのような場所が作られることになった
きっかけや、長浜の観音信仰について書かれている部分があるので、
そこを引用します。

 琵琶湖の北東にある長浜市には、平安時代から室町時代に作られた
約130体の観音像が伝わり、「観音の里」として知られる。もとは霊山・
己高山(こだかみやま 923m)の山岳信仰の修行者が彫ったのが
始まりとされる。戦乱などで寺が廃れても村人が小さなお堂で「村の
守り本尊」としてまつってきた。戦国時代には田んぼに埋めたり、川に
沈めたりして守った。だが過疎・高齢化が進み、次世代にどう伝えて
いくかが課題だ。
 こうした観音信仰を知ってもらおうと、市は2014年、東京芸大で観音展を
開いた。18体を展示したところ、21日間で約2万人が訪れた。そこで市は、
観音像を中心としたアンテナショップのような情報発信拠点として、16年
3月に観音ハウスを開いた。


……ということで、観音ハウスができてから、すでに2年以上経っているん
ですね。
私は首都圏に身内がいるのでたまに行きますが、上野には博物館などが
目的で何度も足を運んでいるのに、ここの存在を知らないままでした。
ですので、この新聞記事を目にしたことに感謝、です。

観音ハウスは、京成上野駅のすぐ近くにある、上野の森ファーストビルの
1階にあります。
10~18時。月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日)。入場無料。
展示は1体で、約2ヶ月で展示替えされます。
お堂での拝観と違い、360度ぐるっと拝観できるので、様々な角度から見る
観音さまの魅力に触れることができます。
前回のブログ記事で、21日までは竹生島宝厳寺の聖観音立像が展示されて
いる、と書きました。
23日からは、保延寺の千手観音立像が展示されます。

↓観音ハウスの外観。奥がアパホテルです。
2018年9月1日 観音ハウス外観1

↓入口。入る前から、なんだかワクワクしますね。
2018年9月1日 観音ハウス外観2

湖北の美しい観音さまに、ぜひ会いに行ってください!(^^)!
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR