FC2ブログ

Entries

北海道へ行こう!5 美瑛の丘でサイクリング

地震の後の北海道旅行では、地震による停電の影響、余震もありましたが、
気候的にはとても恵まれた6日間でした。

今回の旅のハイライトと言ってもいい、美瑛の丘。
途中黒い雲にも覆われたものの、概ね天気はよく、本州より涼しく
カラッとしていて、サイクリングには最適な一日でした。
富良野は、学生時代ラベンダーの時期に訪れたことがありますが、美瑛は
初めてだったので、秋の雄大な北海道ならではの景色を満喫でき、
よけいにうれしかったです。

旭山動物園を訪れた翌日の9月14日、旭川駅から列車で美瑛駅へ。
まず、自転車を借りました。
アップダウンがあるからか、電動自転車の貸し出しが多いですね。
中には、電動しか置いていない店も。
私は電動自転車は運転しづらいので、普通のを借りました。
女性はどうしても小さめのを店の人に選ばれてしまいがちなので、
サドルは高め、車輪は大きめで、と注文。
電動のほうが楽なのでしょうが、学生時代サイクリングをしていたこともあり、
50代半ば過ぎの今、だいぶ衰えてはいるものの、何とかなるさ!と。
ダイエット効果も期待しながら。

ガイドブックを見ると、見どころは多く、広範囲に渡るようです。
全てはとてもまわりきれないので、あらかじめ駅前の観光案内所で、
オススメコースを聞き、それを参考にまわりました。
ポイントは、新栄の丘と、四季彩の丘。
その二つに行き、後は時間と体力で行くかどうかを決めました。

まず着いたのが、新栄の丘です↓

2018年9月14日 新栄の丘

道の両方とも、こういう景色!
走っていて、とっても気持ちよかったです。
映像で見るのもいいですけれど、やはりこれは、現地に行って体感するのが
ベストですね。
まさに、旅の醍醐味!
本州には、こういうところ、ないですものね~
雄大な景色、というと、九州の九重~阿蘇が思い浮かびます。
こちらも大好きです。
が、北海道の風景は、また違いますね。
それぞれよさがありますね。

次は、四季彩の丘へ。
新栄の丘では、観光客をほとんど見ることがなかったですが、こちらは
賑わっていました。
ここで働く人に聞いたところ、外国人のツアー客は激減、でも、本州からの
お客さんは意外と来ている、とのことでした。
四季彩の丘では、秋もきれいなお花畑が楽しめます。

2018年9月14日 四季彩の丘

四季彩の丘では、昼食をとり、小さなアルパカ牧場にも入って、少し
ゆっくりしました。
アルパカ牧場では、香港からと思われるツアー客が、アルパカへのえさやり
で大盛り上がり。
神戸どうぶつ王国でもそうなんですが、香港の人たちって、動物と触れ合え
るところが、本当に好きですね(^◇^)

時間的、体力的にも何とかなりそうだったし、せっかく来たので、最初に
観光案内所やレンタサイクル店でおしえてもらったコースを、夕方まで
走ってまわりました。
下の写真の三愛の丘まで来ると、美瑛駅ももう近いです。

2018年9月14日 三愛の丘

最後に、自転車でまわるときのポイントを―
事前に、観光案内所などで話を聞き、大体どこをまわるか、考えておいた
ほうがいいです。
その際、もし途中で疲れた場合などに、コースを短縮できるよう、地図で道を
おしえてもらっておくと安心です。
次に、気になる疲労度ですが、道の傾斜は、自分の目で見て感じる以上に、
急な場合が少なくありません。
私は何度か、自転車を降りて押して歩きました。
アップダウンの繰り返しですので、あまり自転車で疲れるのは好きじゃない、
という方は、電動にするか、あるいは自動車でまわったほうがいいです。
上の3つの丘をめぐり、休憩時間も合わせて、大体6時間くらいかかりました。
久しぶりに運動したなあ、という気分でした。
最後にひとつ。
観光案内所などに置かれている地図は、距離などが必ずしも正確に反映さ
れていません。
また、実際に現地に行くと、分かれ道で、どの道を進めばいいのか、わかり
にくいことがあります。
これも、事前に観光案内所やレンタサイクル店でおしえてもらっておくと
いいです。
私は、レンタサイクル店で、迷いやすい分かれ道でのポイントをおしえて
もらっておいたので、すごく助かりました。

また違う季節に行ってみたいです!(^^)!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR