Entries

韓国 雨の降り方の変化 梅雨も「暴雨」傾向に

今朝(2013年7月22日)のソウルは大雨。
平日朝、江南に用事のある私は、7時には家を出ます。
バス停まで徒歩約10分。
今日は、たった10分間に、ズボンがびしょぬれになりました。
大きなしっかりした傘をさしたのに、意味なし。
日本で買った雨靴も、中が濡れてしまいました。
車中から見る雨の降り方はとても激しく、こわいくらいでした。

それでも、無事往復できたのは幸いだったと、帰宅してニュースを見て
感じました。
ソウルはもちろん、京畿道、江原道でも大雨による被害が出たようです。

ソウルに来て3年目の夏。
時々降る「폭우(暴雨)」には、毎年悩まされています。
(「폭설(暴雪)」「폭염(暴炎)」「폭우(暴雨)」……
なんでも「暴」がつく^_^; ま、わかりやすいですが)
日本でもここ数年そうですが、台風でもないのに、短時間に大雨が降る傾向は、
韓国でも強くなっているようです。
今月3日の朝鮮日報にも、「最近の梅雨は、期間は短く、降り方は激しく」
という内容の記事が出ていました。

2013年7月 最近の梅雨の傾向 朝鮮日報記事

写真は、記事の一部です。
1973~2012年まで40年間の、梅雨の間の雨の記録。
上の露マークが表しているのは、一日の平均降水量の多い年順に並べたもの。
1位の1997年、2位の1987年以外は、全て2000年代です。
下の傘マークは、梅雨の間の降水量の多い年順。
こちらは、3位の1987年以外、全て2000年以降。
ここ数年いかに激しく、たくさん降っているかが、このデータからもわかります。

なんか熱帯地方のスコールみたい、と感じることも。
6月には、梅雨入りしても雨があまり降らず、「마른 장마」(から梅雨)が
話題になったりもしていましたが、最近はそれを忘れるくらい。
今月中旬、私が一時帰国していた間も、ソウルはほとんど雨だったそうです。
これも、地球温暖化の影響なんでしょうか。
しとしとと、情緒ある雨の降り方は、なくなっていくのかしら……
ちょっと寂しい気もします。
(写真は、6月に東京で撮ったものです)

2013年6月 不忍池 紫陽花




スポンサーサイト

Comment

 

梅雨続きで、ぱんだパパもんも最近湿っぽいです。暴ぱんだに、なりそうです。
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.07/23 12:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR