FC2ブログ

Entries

全羅南道の旅6(後編) 4日間で2度の「三合」

前回紹介したように、全羅南道長興(チャンフン)での美味しい韓牛料理は、
韓牛とたいらぎ(平貝)と椎茸という、3つの異なる食材を組み合わせて
食べる「三合」(삼합 サムハプ またはサマプ)という食べ方をしました。
この「三合」、代表的なものは、エイとキムチと蒸し豚の組み合わせです。

写真は、1日目に入った木浦の慕情名家(モジョンミョンガ)にて。

2018年7月1日 エイの三合

エイといえば、全羅南道ですが、韓国の食に興味のある人なら、全羅
南道でなくても、この料理は食べたことがあるかと思います。
私も、ソウルで韓国人にすすめられて食べました。
ところが……あまりにも強烈なアンモニア\(◎o◎)/!
なので、それ以来縁遠くなってしまいました。
今回も、再度チャレンジすればよかったのですが、そこまでできなかった
ので、写真だけ(^_^;)
(食べた他の人からは、そんなにアンモニアがきつくなかったよ、とのこと
でした)。

韓国では、料理とお酒の相性も含め、食材の組み合わせにこだわるなあと
感じるのですが、この三合は特に気になり、韓国語で検索してみました。
いろいろ出てきたのですが、2017年2月17日の中央日報の記事をもとに、
三合について書きたいと思います。

上述したように、三合の代表的なものは、エイとキムチと蒸し豚。
これ以外にも、全国各地に他の組み合わせもあるそうです。
ここでは省きますが、タコと何かの組み合わせとか、3種類の異なる食材を
組み合わせて食べる料理がいくつも紹介されていました。
それぞれ異なる食材を一緒に食べることにより、新しい味を創り出すのだ
とか。
たしかに、今回食べた韓牛とたいらぎと椎茸の三合も、韓牛単独で食べる
のとはまた別な味わいがありました。

2018年7月3日 韓牛の三合

長興で食べたこの三合は、「長興韓牛三合」と呼ばれています。
お店の入口にある看板に、健康食で、これを食べれば若返る! 
長生きできる!と書かれていた長興韓牛三合、歴史的にはまだそんなに
長くないそうです。
一方、長興は昔から韓牛で有名で、記事によると、長興郡の人口より、
飼育されている牛のほうが、数が多いとのこと。
また記事によると、椎茸は、全国生産量の約18%を長興産が占め、
たいらぎは、1970~80年代、日本に高値で輸出していた高級貝だった
のだそうです。
長興韓牛三合は、この地域の特産物をうまく合わせて創り出されたのです
ね。

韓国で買った『手帳』シリーズも見てみたところ、椎茸やたいらぎの話が出て
いたので、ちょっと紹介しますね。

椎茸は昔から、食用されるとともに、薬用としてよく使われていた。
椎茸についての記録は、『三国史記』に初登場。
朝鮮時代の許浚(ホ・ジュン)の『東医宝鑑』にも、その薬用法が書かれて
いる。
(『三国史記』は、高麗時代に書かれた、三国時代~統一新羅末期までを
対象とする紀伝体の歴史書で、朝鮮半島に現存する最古の歴史書)。

韓国に住んでいたとき、食材を手に入れる上で助かったのは、キノコ類が
豊富だったことです。
椎茸は、生のも干し椎茸も容易に手に入ったので、本当に有難かった
です。

またたいらぎについては、毎年5月に長興でたいらぎ祭が開かれるとのこと、
機会があれば行ってみたいですね!(^^)!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR