FC2ブログ

Entries

地震報道を見て気になったこと

先週後半、身内に会いに関東方面へ行ってきました。
日曜日の晩帰宅し、翌朝、玄関の朝刊を取ってリビングに行こうと廊下を
歩いていたら、突然強い揺れ。
揺れている時間は長くなかったのですが、怖かったです。

1995年の阪神・淡路大震災のとき、関西に住んでいて、
2011年の東日本大震災のときは、都内に住んでいました。
そして、今回の地震。
いずれも震源地のすぐ近くではないものの、大都市での地震のときは、
いつも地震のある範囲に居住。
関東出身なので、震度3くらいの地震は何度も経験していますし、
全く慣れていないわけではないですが、さすがに心身共にこたえますね。
私のところはライフラインに影響がないので、ぜいたくは言っていられ
ないのですが。

大阪の人は、あまり地震に遭遇したことがないと思うので、昨日は本当に
怖かったと思います。
私も怖かったですが、東日本大震災のときの長い揺れと、食品が買い
づらくなったこと、度々余震におびえたこと……おまけに、ちょうどソウル
への引っ越し直前だったこと。
当時の恐怖がよみがえりました、が、
そのときよりは、少し落ち着いているかもしれません。
もちろん、これから強い余震が起きるかもしれないので、しばらく注意して
いなければいけませんね。

昨日は交通網がマヒし、多くの人が大変なおもいをしました。
その関連報道を見ていて、気になったことがあります。
それは、地名の読み方。
「きょうはんでんしゃ」とアナウンサーが言ったのを聞き、
???
そんな電車ないのに。
しばらくして、ああ、「けいはん」か!
おそらく、「京都」が「きょうと」だから、「京」を「きょう」と読んでしまったの
でしょう。

小さい間違いだし、訂正すれば済むことかもしれません。
あげあし取りになってしまうかも。
でも、こういう間違いって、交通がマヒしている状態のとき、しちゃいけない
類のものかな、と思います。
今回、地方限定でなく、全国ニュースになったので、おそらく関西の地名や
固有名詞、地理に慣れていない人が報道に関わったでしょう。
できれば、それらがわかっている人がしゃべるほうが望ましいですが、
人が何人も必要なとき、そうも言っていられません。
せめて、固有名詞の読みは間違えないよう、前もって準備してもらえたら
(そんな余裕ないかもしれませんけど)と思います。
「枚方」を「まいかた」と読んだ政府関係者もいるとか。
「ひらかた」です。

もっとも、関西の人も、関東の地名で読めないもの、あるでしょう。
たとえば、「越生」(おごせ)とか「加須」(かぞ)とか。
どの県にあるかも、知らないかもしれません。
(どちらも、埼玉県です)。

日本の地名の読みは、むずかしいですね。
たまたま昨日旅行で来ていた外国人観光客は、大変だったでしょうね。

どうか一日も早く北摂のライフラインが復旧して、日常に戻れますように。
そして、大きな余震が起きないことを願っています。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR