Entries

語学関連の本や書類の整理

もともと本好きなのと、取り組んでいることの関係上本や書類が多いことと、
画面より紙で見るほうが好きなことと、ものを捨てるのが苦手なことと……
そんなこんなで、一昨年引っ越した家も、本や書類であふれるようになって
しまいました。

片付ければいいのですが、引っ越してしばらくしてから、韓国の新聞で連載
をすることになり、段ボールに入った荷物を取りあえず出してあちこちに
つっこんだ状態が、忙しさや疲れからそのままになってしまいました。
おまけに、連載用の資料としていろいろ買ったため、本や書類が更に増え
……本だけで50冊以上は増えてしまうという……ついには、本棚に入り
きらなくなりました。

連載をもとに作った本が出来上がり、疲れと無力感におそわれている現在。
でも、ここで片付けなければ、大変なことになる! と、やっと腰を上げ
ました。

若いころと違って、無理できないので、一度に終わらせようとせず、無理の
ない範囲で進めています。
どこから手をつけていいかわからなかったので、とりあえず本棚を一段ずつ
見直しています。
捨てようかなと思い手にとっては、やっぱり捨てられないな、とまた棚に戻す。
なかなか減りません(^_^;)
そんな中で、やっと決意したのが、
語学関連の本や書類を、ある程度手放す。
ということです。

昨日は故紙回収だったので、思い切って語学書を何冊か出しました。
東京の韓国語教室で使っていた教科書(가나다)と、延世大で使っていた
問題集。
延世大の教科書はまだ手放す気になれなかったので、練習問題だけに
しました。
もう、やりませんからね。
今解いて結構できない問題もあるかもしれないけれど、あまり問題集で
勉強したくないですし。
重く、分厚い本だったので、少し本が減って、スッキリしました。
さみしさもありますが、スッキリ感のほうが大きいです。

少し前には、東京の韓国語教室で書いていた作文ノートを、処分しました。
初級段階から先生が作文を見てくださっていたおかげで、書く力が身に
つきました。
今につながっているので、最初にこの提案をしてくださった先生には、
とても感謝しています。
最初にどこで勉強するかは、大事ですね。
さすがに、このノートを見て何かを書くことはもうないだろうと、破って捨て
ました。
自分が努力してきた証であり、大事なものです。
が、もう自分の中に入っているから、ものとして残さなくていい、と判断しま
した。

中国語関連の、古いプリント類も。
80年代に習っていたとき、満足な教材がほとんどなく、ある程度基礎を
習ったら、あとは先生が用意したプリントの文を読む、というやり方が
ほとんどでした。
ですので、プリント類がとても多かったです。
これも大事で捨てられなかったし、内容も貴重なものなので、資料としても
とっておきたくてずっと保管していました。
が、さすがに、もう読まないなあ、と。
大学で読んだものか、会社勤めしながら通った専門学校の翻訳科で
読んだものか、いつ読んだのかも忘れてしまっていますし。

50代も半ばを過ぎ感じることのひとつは、自分のエネルギーは無限では
ない、ということです。
何かにエネルギーを注ぐと、その分他のことにエネルギーを注ぐ余裕が
なくなってしまいます。
若いころは、遅くまで起きてできたのですけどね。
今そんなことしたら、倒れてしまう。
ですので、連載や本書きといった作業が一段落した今、エネルギーは
片付けに注がなければ、という感じです。
何を残し、何を処分するかを考えるのは、これからの自分が何をし、どう
生きていくかを考えるのにもつながりますしね。
さあ、今日も片付けです!(^^)!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR