FC2ブログ

Entries

おすすめ!!韓国映画『タクシー運転手』

韓国で出す本の最終校閲は、今週前半、終わりました。
締め切りに間に合わせるため、最後は明け方までの作業になってしまいまし
た。
文のチェックで限界に達し、再度修正をお願いする部分についての書類作成
は、仮眠をとってから朝しました。
トシをとると、本当に無理ができなくなりますね。
まだ出来上がってくるまで、不安な気持ちは消えないけれど、大量の
文章や写真を短時間に見なければならない作業は、一応終わりました。

ということで、一昨日やっと、見たかった映画『タクシー運転手』を
見てきました。
本当は、水曜のレディースデーに行きたかったのですけど、あまりにも
くたくたで、それはあきらめました。
来週の水曜まで待とうかとも思いました。
が、少しでも早く見たくて……
でも、それだけの価値が十分にありました。
とってもとってもよい映画でした。

あらすじなどについては、関連サイトを見ていただくとして(一応、チラシの
写真を載せておきます)……
この映画の魅力はなんだろう?と考えてみました。
何といっても、ソン・ガンホの演技力!上映中、ソン・ガンホ、すごいなあ、
と、一人ぶつぶつ言ってしまうほど。
がんばれ!そうだそうだ!など、いちいち映画のセリフに反応していました。
まるで自分が画面の中に入っちゃったような、そんな気持ちに知らない間に
させてくれますね。
登場人物たちと、知り合いになったような……
脇役の人たちの演技もすばらしかったからでしょうね。

ご存知の通り、この映画は、光州事件という非常に重い、非常に悲しい事件
を題材にしています。
映画に登場するタクシー運転手とドイツ人記者も、実在した人物です。
拙著にも書きましたが、この事件が起きたとき、私は高校三年生。
隣国で起きていることへの衝撃は、あまりにも大きかったです。
きっと、私と同じ世代の人は、韓国へのイメージって、光州事件が大きいの
ではと思います。

韓国関連もそうですが、中国関連の映画も、こういった事件をベースに
製作された映画、いくつも見てきました。
見るのは、勉強になります。
専門書を読むよりも、取り組みやすいですし。
でも、見たあと、重い気持ちになって、もう一度見るのはしんどいなあ、と
思ったりもします。

ところが、この『タクシー運転手』は、見たあと、またすぐ見たい!と思った
んですよね。
丸腰の市民が無残にも次々と殺されていく場面もあるし、とても悲しいのに。
でもこれこそ、ソン・ガンホをはじめとした役者さんたちのすばらしい演技力
がそう思わせたのであり、また、観衆を映画の中に引き込み、そう思わせる
というのが、映画の力であり、魅力でもあるのでしょうね。

個人的な体験からいうと、韓国に住んでいたことがあり、今も韓国人との
つき合いがあるので、その中で感じている情を、この映画で改めて感じた、
といううれしい部分もあります。
きっと韓国人とのつき合いがある人は、ああこんなおっちゃんいるよなあ、
こんなおばちゃんも、なんて思いながら見ていたのではないでしょうか。

でも、韓国とのつき合いが特になくても、この映画は、とても心に残る
でしょう。
そして、韓国が身近に感じられるようになるのではと思います。
ですので、ぜひ多くの人に見てほしいです!(^^)!

2018年5月12日撮影 タクシー運転手チラシ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR