FC2ブログ

Entries

『パンダと爆買い』 終章

終章

 2015年3月、韓国生活で始めたこのブログをもとに、『不思議がいっぱい
韓国』を出版しました。
 仕事の経験は、若いころのメーカー勤務以外は主に大阪の専門学校や
府立高校講師で、出版経験もなかった私がどうしてもこの本を出したかった
のには、強い理由がありました。韓国で直接見聞きし、感じたことと、一時帰
国の際日本の報道や日本の書店で感じる韓国が、あまりにも違いすぎる。
このことに愕然とし、憤りを覚え、もっと韓国の多様な面を知ってほしい、
という気持ちからでした。
 こんな本誰でも書ける、と思った人もいたようでしたが、韓国の知らない
側面を知ることができた、日本の報道の影響で、ただ怖い国だとしか思って
いなかったけれど、ほっこりする面や癒される面も知ってよかったなど、
知り合いからだけでなく、面識のない人からも、ブログやフェイスブックに
メッセージをいただきました。それらを見、私の願いはある程度果たせた
かな、と思いました。
 中国についても韓国についても、好意的な書籍ももちろん出ています。が、
専門的で難しいものが多く、ワイドショーを主な情報源にしているような人は、
まず手に取らない。そこで、韓国に行ったことがない人、韓国語がわからない
人など、詳しくない人でも楽しく読みやすくを心がけて執筆しました。関心の
高い人は自分で本も探し、自分で積極的に情報を得るけれど、そうでない人
は流される報道によって外国のイメージは作られてしまいます。そして現実
には、こういった受動的な人が多数といってもいいでしょう。私は、こういう
ごく普通の人たちが変わることが、国際関係改善のためにも、平和な世の中
のためにも大事だと思っています。
 ある国について語るとき、よく、親日反日、親韓嫌韓のように、好きか嫌い
かで分類してしまいがちです。右か左かで分類するのも、そう。でも私は、
そうやって色分けして物事を見るのはもうそろそろやめたほうがいいのでは
と思います。特に外国について見ていくときは、なおさらです。
 ある国や文化について否定的なイメージが強いのは、右か左か、好きか
嫌いかよりも、「知らない」ことが原因だと思うのです。知らないから怖い。
怖いから悪口を言って嫌な気持ちを解消させる。
 『パンダと爆買い』は、専門書でもなく、私自身の体験を中心に書いたもの
にすぎません。が、私が直接中国人や韓国人と接し、中国語や韓国語で
直接得た情報を、おさめました。私が書いたことについて、知らなかった人
には知る機会になれば本当にうれしいですし、同じような体験をした人には、
共感の輪が広がれば、それもまた歓びです。
 せっかく同じ時代にこの世に生を受けた同士なのですから、国境を越えて、
人生楽しみましょう。交流すればするほど、歓びは、何倍にもなると思います。
―終わり―

snap_yokorea_201833185619.jpg

*これで、『パンダと爆買い』は、終わりです。
長い間ご覧いただき、ありがとうございました。

昨年、韓国語で日本の紹介をする作業で忙しく、このブログの更新が減っ
てしまったのもそうですが、中国語の勉強や読書が復活しかけていたのに、
また中断していました。最近、本棚を眺めていて、読みかけの本、せっかく
買ったのに全く読んでいない本がたくさんあると感じ、なんだか悲しくなって
しまい、封印することないんだし……と、中国で買った本を少しずつ読み
始めました。日中は無理なので、就寝前の読書で。愛新覚羅溥儀が普通の
人となってからの話で、主に、普通の人になってから結婚した相手の人への
取材、手記などから書かれているんですが、これが面白くて……調べてない
けれど、翻訳本がもしかしたら出ているかもしれませんね。他にも、興味深い
中国語書籍はたくさんあります。
100%はわからないけれど、私にはやはり中国語の本のほうが、韓国語
より読みやすいです。四捨五入すると私ももう60代。自分がより好きなこと、
より大事だと思うことを、残りの時間で優先させたい。ですので、これからは、
中国語書籍を読んでいこうと思います。その中から、面白いなあと思った
話など、ブログでも紹介したいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR