FC2ブログ

Entries

読むことと聞く、話すことのつながり

1月に一人で韓国に1週間滞在したときは、日本語だけで話した相手は
二人だけで、あとはほとんど韓国人に囲まれ、韓国語での会話でした。
一人で行動した時間も、とても少なかったです。

もともと若いころから好きで好きで始めた、という言語ではないし、
どちらかというと必要性があって使っているという部分もあるので、
貴重な機会がありありがたいとはいえ、正直へとへとになります。

よく、外国語を上級まで勉強したというと、その経験がない人からは、
どんな人のどんな話でも、100%聞き取れる、と思っている人がいる
ようです。
とんでもないです。
話す人、話の内容によってもだいぶかわってはきますが、わからなくて
困ることは少なくありません。
韓国語は、中国語ほど地域による差がうんと大きくはないので(済州島の
言葉は例外)、まだ何とかなりますが……
困るのは、韓国人同士、仲間内でいろんな話で盛りあがっているとき。
聞き取り能力そのものだけでなく、その人たちだけが知っている人間関係
その他、背景的な要素がありますから、難しくなってきますね。
日本人が一人で、話題にぽつんと取り残されたという寂しい経験、
韓国語でなくても、したことのある人はきっといると思います。

それでも今回は、今までよりはわかるようになったなあ、とは感じました。
友人たちのおかげで、鍛えられているということでしょうか。
また、何人かいたら、話の上手な人、わかりやすく話せる人、発音が明瞭で
聞き取りやすい人が一人くらいはいます。
そういう人を見つけ、その人を手がかりに聞くと、何とかなります。
また、ずっと聞きっぱなしでなく、自分から積極的に話題をふり、こちらの
ペースに巻き込むのもいいです。

……と、聞き取りづらいときに少しでも聞き取れるようにするには、という話
はこれくらいにして、今回韓国人に囲まれ感じた、読むことの重要性につい
てです。
誰と会うかにもよりますが、相手が誰であっても、話の中には人名、地名、
歴史上の出来事など、固有名詞が度々出現します。
これがどれくらいわかるかで、話が聞き取れるか、自分も話題に加われる
かが決まってくるなあ、と実感しました。
もちろん、わからない固有名詞が出てきたら、話をとめて尋ねればいいの
かもしれませんが、やはり知っているほうが、楽だし、話がよくわかります。

今回いろいろな言葉が出てきた中で、丙子胡乱という歴史的出来事、
呉世昌という人物名が出てきたのですが、本で読んでいて知っていた
ので、話を聞くのに助けになりました。
壬辰倭乱が何かは、韓国語を勉強していたら知らない人はあまりいない
と思いますが、その激戦地のひとつ、幸州山城の話が出てきたときも、
そこに行ったことがあったので、話に加わることができました。

通の人からしたら、それくらい全部知っていて当たり前だ、と怒られそう
だけど、私が韓国語の勉強を始める前に知っていた言葉は、一つもあり
ません。
さすがに壬辰倭乱を知ったのは割と早めでしたけど、それ以外は、
本を読んで初めて知ったり、たまたま人に聞いて関心を持ち、下調べ
して行き、知ったのです。
済州島の四三事件も、そうです。
済州島といえば、私にとってはテジャングム、景勝地、でした。
事件のことは、しばらく知りませんでした。
先月済州島に行ったときは、四三の記念館に行きました。
記念館では説明文をできるだけ読みました。

会話ができるようになるには、とにかく話す機会を、と考える人は多いし、
それはもちろん大事です。
が、話の中身がなければ、意味がありません。
それに、知識が少ないと、相手の話が聞き取れません。
特に上級レベルだと、ただ単に語彙がある程度あって文法も知っていて、
だけでは、会話は成り立ちません。
単語丸暗記や、文法整理ノートの類に執着していると、いざコミュニケー
ションをとろうというとき、できなくなってしまうのも、こういうことなのかな、
と思います。

本や新聞、博物館の説明文など、いろいろ生の文を読むようにすると、
知らなかったことを、たくさん知ることができます。
そしてそれが積み重なると、上に書いたように、聞き取りの助けになるし、
自分でも話をしたくなります。
正直、韓国の近現代史には詳しくなく、知らないことのほうが何倍も多い
です。
でも、少しずつでも勉強し、よりコミュニケーションができるようにしたい
です。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR