FC2ブログ

Entries

済州島の旅で印象に残った風景―キャベツ畑

済州島の農産物といえば、まず思い浮かぶのは、ミカン。
今回の済州島の旅でも、ミカン畑や、ミカンの直売所などをあちこちで見まし
た。
が、今回、とっても印象的だったのは、キャベツ畑です。
よく知らなかったので、バスからの車窓風景であまりにもキャベツ畑が続き、
驚きました。

路線バス、特に急行バスは、ジェットコースターのようにビュンビュン進むので、
海や畑を車内からうまく撮るのは不可能。
でも、前回書いた海女食堂へ行った日は、海岸沿いをずっと歩いたので、畑の
写真を撮ることができました。

2018年1月8日 済州島のキャベツ畑

なぜこんなにキャベツ畑?
不思議に思い、韓国語で検索してみました。
そうしたら、キャベツがいかに身体にいいか、という健康情報がいっぱい
……
ああやっぱりなあ、と思いました。
ゴーヤについて調べたときも、そうでした。
料理としてより、薬としての効能がたくさん出てきましたから。

調べ方がうまくなかったのと、時間不足とで、結局こんなにキャベツが栽培
されている理由は、わからず。
面白いなあと思ったのは、日本に輸出している、という記事が出てきたこと
です。
今もそうなのかはわかりませんが。
でもたしかに、日本のほうが、キャベツをよく食べますよね。
韓国では、日本ほどキャベツが料理としては出てこないような気がします。

ちなみに、以前韓国で買った『菜蔬手帳』(野菜手帳)のキャベツのページ
は、

キャベツは、西洋の3大長寿食品(オリーブ、ヨーグルト、キャベツ)に
数えられるスーパーフードだ。

という文で始まっています。

最近、昨年の韓国の新聞に連載していた記事をまとめる作業のため、
また慌ただしくなりました。
昨年1年間の忙しさほどではないですが……
食文化にはとても興味があるので、キャベツについても、また作業が
落ち着いたら、改めて調べてみたいです。

歩いていたら、キャベツをトラックに積み込む様子も見ることができました。
旅先でこういう風景が見られるのは、楽しいですね(^^)

2018年1月8日 済州島 キャベツの出荷風景
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR