Entries

久しぶりの訪韓で、変わったなあと思ったこと

今年は、あまりブログが書けなかった昨年よりまめに書くように……と
言いながら、前回から1週間以上過ぎてしまいました。

昨日の晩、1週間の韓国滞在から戻りました。
ソウルに泊まり、江華島、広州、利川などにも行ってきました。
というか、韓国の友人に連れて行ってもらいました。

済州島の旅についても、今回の旅についても、また一段落したら書いて
いきたいと思います。

今日は、久しぶりの韓国訪問で感じたことを簡単に書きたいと思います。
変わったなあと思うことはいろいろありますが、済州島、ソウルなどで今回
特に変化を感じたのは、トイレ!
トイレ内に置かれている大きなゴミ箱が、なくなっている場所がいくつも
ありました。
あれっ?どうしよう、と思ったのですが、トイレの中に書かれていた案内を
見ると、トイレットペーパーはゴミ箱に捨てず、直接便器に入れ流す、という
方向に行っているようです。
もちろん、まだそうでないところもいっぱいありますが、私が住んでいたとき、
公共の場で紙が流せるところって、本当に少なかったので、変わったなあと
思いました。
詰まりさえしなければ、やはり流したほうが、衛生的ですものね。
旅も、少し楽になります。

それと、前からそうだったのかもしれないけれど、地方旅行に行ったとき、
公衆トイレに入ったら、いきなり音楽が鳴り出しました(@_@;)
済州島の、海沿いを歩いているときに入ったトイレ、江華島のある観光地の
トイレ。
静かで、他にほとんど人もいないところで、音楽が大きな音で鳴り響くという
……
そのギャップが、おかしかったです。
でも、地方旅行でもトイレが汚くて使いづらい、ということもほとんどなく、
助かりました。

トイレといえば、私は80年代中国に留学していたとき、本当に苦労しました。
そのころ行かれた方は、その事情を、よくご存知だと思います。
今でも夢に、昔の中国のトイレが出てきます(^_^;)
そして、目が覚めてホッとします。

写真は、地下鉄ハプチョン駅の、トイレの前にて。
トイレットペーパーは便器へ、ナプキンはゴミ箱へ、という流れに
なってきています。

2018年1月16日 合井駅トイレ前の表示
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR