Entries

三江線に乗りました!

すっかりご無沙汰してしまいました。
18日から昨日23日まで、中国地方列車の一人旅に出ていました。

今回の一番の目的は、来年3月いっぱいで廃線になる、広島県三次と
島根県江津を結ぶ、三江線に乗ることでした。
ずっと乗りたいと思いながら、韓国の新聞の連載記事を書く関係で、なかな
かかなわず。
1年間の連載が終わり、下調べや原稿を書く作業がなくなったため、やっと
かないました。

本数がとても少ないため、ある程度時間が取れないと不可能な旅。
そして、私と同じように考え、廃線前に乗りたいという人が集中し、とても
混雑し、秋の行楽シーズンの休日は、乗れない人も出るほどだという
ニュースもあり、乗るまで心配でした。
最初は、三次駅10時過ぎに発車する列車に乗ろうと思ったのですが、一番
混むらしいということで、江津まで行く始発列車に乗ることにしました。
5時38分発。
平日。
……が、発車の10数分前ホームに着いたら、すでに10人以上の人が並んで
いました\(◎o◎)/!
私もそうなんですが、青春18きっぷが使えますしね。
まだ会社は冬休み前ですが、学生は休みだし、周りのてっちゃんたちの話
から、休日を避けるため、休暇を取って遠くから乗りにきているようです。
しかも、何度も来ているみたい。
来年の最終日も、来ると決めているようです。
すごいですね……
私は今回1度だけの乗車で、やっと。
でも、とても思い出に残る列車の旅となりました。
江の川沿いを走る列車の車窓風景、本当にきれいでした。

車内は、多くが鉄道ファン。
前日、倉敷から新見、備後落合を経て三次に着いたのですが、前日も見か
けた人が同じ列車に乗っていました。
本数が少ないし、同じようなルートになりますね。
何度も来ているような通の人は、終点まで乗らず、写真撮影のため、途中
下車していました。
列車が限られるし、途中下車して写真を撮ったあとは、歩いて移動したりも
するそうですよ。
すごいなあ。

列車に乗って車窓風景を眺めるのは大好きですが、列車への強いこだわり
などはないので、廃線になる路線や、話題の路線には必ず乗りに行く、
というほどではありません。
今回どうしても乗りたかったのには、やはり母方のルーツがこちら(中国
山地)にある、という理由が大きいです。
広島の山あいの町に母の実家があり、子どものころから時々遊びに行って
いました。
島根に親戚がいることもあり、広島から島根までバスに乗って行くことも
ありました。
以前は、山の中をくねくねとバスが走って行ったのですよね。
とても時間がかかり、大変な道のりだったと、子どものころの記憶に残って
います。
それでも列車で行くよりは行きやすかったのでしょうか、列車で島根側に
抜けたことがなくて。
それもあって、列車で広島から島根に行ってみたかったです。

昨年ブログに書いたのですけど、広島から石見銀山を経て、大田へバスで
移動しました。
そのときびっくりしたのは、いとも簡単にバスで行けてしまうこと。
トンネルをいくつもくぐり抜けて……
地元の人は、自家用車で移動するのでしょうが、公共交通機関を利用するに
しても、列車よりバスが便利、と昨年乗ってみて思いました。
廃線は本当に残念ですが、やむを得ないのでしょうか……

来年は、木次線や伯備線で山陰に行ってみたいです。

2017年12月20日撮影 三江線車窓風景
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR