Entries

『パンダと爆買い』第6章 ―おまけ― 何でも漢字表記

第6章 ―おまけ― 何でも漢字表記

 中国人訪日客の増加に伴い、日本のあちこちに中国語表記が増えました。
「免税」のように日本語と表記も意味も同じで、違和感ない単語もありますが、
中には見慣れないものもあるし、同じように表記しても意味が違う言葉もあり
ます。
 韓国滞在から完全帰国し、久しぶりに韓国旅行をしたときのこと。東大門の
ビルに、大きく「女装」と書かれた看板がありました。婦人服、レディースの意
味ですが、知らない日本人が見たら、一瞬びっくりするでしょうね。思わず写
真を撮ってしまいました。
 この「女装」表記を、日本のデパートでも見つけました。メンズは、「男装」。
日本は漢字文化圏とはいえ、外来語が多く、店などではカタカナ表記も多用
されます。ですので、中国語表記が日本のあちこちで書かれるようになると、
漢字のみで何でも表すというのが何とも面白いなあと、見ていて感じます。
 駅名もそうですね。傑作は、「宇宙広場」。大阪の駅名なので、ちょっと
ローカルな話ですが、知っている人は思わず笑っちゃうでしょう。コスモスク
エア駅のことです。まあ、間違ってはいないですが、もし日本語で「宇宙広場
駅~」なんて放送が入ったら、ちょっとヘンです。
 外来語混じりの固有名詞で笑ってしまったのは、「品川王子飯店」です。
これは、だいぶ前に香港の時事週刊誌『亜洲週刊』を見ていてたまたま見つ
けました。「品川プリンスホテル」と書くのと、だいぶイメージが変わってしまい
ますね。飯店は、北京飯店からもわかるように、ホテルのことですが、日本で
飯店というと、中華料理店のようなイメージですものね。
 この他にも、ホワイトハウスを「白宮」と書いたり、中国語の単語は漢字が
わかる日本人には、面白い言葉がいっぱいです。西洋人など非漢字圏の人
の名前は、原語に近い発音の漢字を当てて表記するというように、音訳で
表されるのですが、大体に外来語は、音訳より意訳が多いなあという印象で
す。こういう言葉を集め、エピソードなどもまじえたら、本が一冊書けるのでは
ないかと思うくらいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR