Entries

日本にいても外国語はしゃべれる

昨晩は、韓国人の友達数人と、友達の友達数人と大阪で会いました。
友達の友達は、ほとんどが初対面でしたが、なぜかとても盛り上がり、
楽しい時間でした。
わいわいがやがやにぎやかな、韓国ドラマのように……
男性2人以外は、ほとんどが女性。
みな、40代、50代。
しかし……飲む! 食べる! 気持ちいいくらいに。
やっぱり元気、パワーがありますね。

韓国語で話すのは、先月初韓国人の作家が京都で展覧会を開き、食事会
で話して以来(展覧会については、ブログでも紹介)。
今年は5月に2泊3日でソウルに行ったきりで、韓国で韓国語を使う機会は
ほとんどありません。
あとは、誰か知り合いが来日したときくらいです。

でも、韓国語で話せるかな? と会う前に不安な気持ちになることは、ほとん
どないです。
それだけ上手いという意味では、決してないです。
私よりずっと上手な人は、たくさんいます。
でも、私のように、若い時から韓国語にずっと関わってきたのではない人でも、
そしてかつて韓国に住んだことがあるとはいえ、帰国後はほとんど日本での
生活という人でも、外国語力は維持、向上させることができます。

今までも何度か同じようなことを書いているので、繰り返しになってしまいます
が、やはり、原書を読んだり、ドラマなどで聞く機会を継続して持っていたり
すると、それだけでずいぶん違います。
プラス、今年は2週間に1度韓国語で記事を書くという必要に迫られ、書き続
けているのが、急に話す機会ができたとき、とっても助けになっている、と
感じます。
すでに20回記事が出ました。
1回につき、400字詰め原稿用紙にすると大体10枚は書いているので、ここ
まででざっと200ページは書いたことになります。
最初よりだいぶ慣れ、最初のころの3分の2くらいの時間で書けるようになり
ました。
まだまだ力不足で、ネイティブが上手く修正してくれるおかげで形になって
いますが、外国語で書くこと自体は、慣れればできるようになります。
より大変なのは、やはり下調べですね。
何を、どういう順序で書くか、という構成の問題も大きい。

やっていて思うのは、外国語学習そのものも大事だしいいけど、やはり言葉
は手段だ、ということ。
言語的にも、構成面でも、不足な点は多々あるものの、とにかく外国語で伝
える作業が可能なのは、世界が広がること、楽しいな、と思います。
昨日話していても、外国人が話す韓国語ではあるけれど、言葉がわかるから、
一緒にお酒を飲んで、楽しく会話ができる。
誰かを介するのでなく、直接交流が可能になり、国境を越えられるというのは
いいですね。

身に着けるのは容易ではないけれど、難しくお勉強するのでなく、せっかくなら
より楽しい気持ちで外国語は勉強したほうが、結局身に付きやすいかもしれ
ません。もちろん、基礎的な勉強は不可欠ですが。
たまに、英語でも中国語でも韓国語でもその他の言語でも、上級者ではない
けれど、少ない語彙や文法でも楽しく会話できる人がいます。
そんなふうにできればいいな、と思います。

人によって好みのやり方や、大事だと思うことは異なるので、あまり決めつけ
てはいけないのですが、日本人が外国語学習に関してあげるSNSの記事を
見ていると、勉強会(発音矯正を徹底的にやるとか)ネットを使ってのネイティブ
との会話授業……といった内容が多く、私はちょっと溜息。
それが楽しい人にはいいけれど、こういう内容が主なので、こういうやり方が
合わない人まで、こうしなきゃいけない、と思わされてしまうのでは? と
いらぬ心配をしてしまいます。
自分の経験からいうと、発音は、そこまでして正確にする必要はありません。
大人、特に中年以降にネイティブと同じ発音を身に着けるのは、ほぼ無理。
通じればいいんです。
あまり下手だと話が通じなくなるけれど、ある程度形になっていれば十分。
発音や文法の正確さにこだわるあまり、楽しく話せない人を何人も見てき
ましたが、本当にもったいないです。
楽しく会話ができればいいです。言葉は手段にすぎないので。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR