Entries

『パンダと爆買い』第5章 韓国で感じた中国 免税店大好き中国人

第5章 韓国で感じた中国
      免税店大好き中国人

 韓国紙の日本人観光客と中国人観光客の比較記事の中で、思わず苦笑
してしまうものがありました。
 2013年5月16日の東亜日報。ロッテ百貨店で、日本人は地下1階に、中国
人は2、3階に。日本人は地下の食品売場で海苔、キムチ、スナック菓子など
の食品を主に買い、中国人はブランド品売場で主に服、化粧品を買う傾向に
あるというものです。日本人も、以前はブランド品を買っていたが、円安の影
響か、ブランド品をあまり買わなくなったと。
 中国人のほうが日本人よりお金を使うということですね。東亜日報の記事
より前の2012年7月31日の毎日経済新聞に、金額のことが出ていました。
見出しには、「免税店中国人パワー…1回に買う金額は日本人の2倍」と
書かれていました。何とわかりやすい。記事によると、ロッテ百貨店の2012年
国籍別客単価は、韓国人が57万ウォン、中国人が100万ウォン、日本人が
42万ウォン。中国人が韓国人の倍近いのですね。
 そして、同じく毎日経済新聞の2013年8月7日の記事には、「上半期 中国
人大挙して訪韓 免税店売上史上最大」との見出しが載りました。他紙と比
べ、この種の記事が多くないハンギョレにも、2013年10月28日の記事の見出
しには、「中国人、韓国の免税店での使用金額が最も多かった」と出ていまし
た。
 私はブランド品にもあまり興味がないし、免税店にも滅多に行きません。が、
ちょこちょこ一時帰国をしていたので、化粧品や靴、バッグなどを免税店で
買うことはありました。そのため、事前にロッテ百貨店や新羅免税店に行って
買い物をすることが数回あったのですが、いつも中国人だらけ! 特に、化粧
品の雪花秀(ソルファス)人気はすごいなあと思いました。
 また、中国人に人気なのは、美容、ファッション関係だけでなく、健康食品
といったらいいのでしょうか、高麗人参もよく買われていましたね。これも
新聞に出ていたのですが、高麗人参の中でも最高級のものを、たくさん買っ
て行くのだそうです。日本人も高麗人参が好きだけど、漢方を重視する中国
人には、高麗人参や、漢方(韓国では韓方)を取り入れた雪花秀は、より
好まれるのかなと思いました。
 観光産業は、日本より国土も狭く、人口も少ない韓国にとっては、大変重要
な産業のようです。中国人観光客のお金の使い方について、このようにいろ
いろ記事が出ているのも、その表れでしょう。次は、韓国の観光産業と雇用
について書きたいと思います。

写真は、2012年7月、ソウル市内のロッテ百貨店にて。
草間彌生の水玉模様。草間彌生は、韓国でも人気があります。
ちょっと余談になりますが、帰国後瀬戸内海の直島で、韓国人観光客が
たくさん来ているのを見てびっくりしました。みながカボチャを見に来て
いたのではないかもしれませんが……

2012年7月27日撮影 ロッテ百貨店
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR