Entries

『パンダと爆買い』第4章 感情的距離 感情的距離を克服するには 続き

第4章 感情的距離
      感情的距離を克服するには 続き

 90年代、『ノーと言える中国』が出版されました。(原文タイトルは『中国可以
説不』)。国際的ベストセラーとなった本書は、日本でも話題となり、文庫化
されました。私の手元にも、新潮文庫の『ノーと言える中国』があります。
海外の、特にアジアの社会関係の本が文庫化されるなんて、あまりないこと
です。
 私はこの本を、原文で読みました。香港の時事週刊誌『亜洲週刊』でも大き
く取り上げられ、日本でも話題になっていたので、読まなきゃいけないと思っ
て読みました。好きか嫌いかで言えば、正直、好きな本ではありません。
でも、この本には、当時の中国人の正直な気持ちが書かれており、それを
知るにはとても参考になります。
 特に印象の強かった部分を紹介します。「第3章 中国魂の復興 3極端で
さえなければ、民族主義はやはり必要」の途中に書かれた文です。出だしは、

  もし中国の十数億の人口が、さまざまな試練を経て今の生活を手に入れ
 たことが一種の奇跡だとするなら、中国人にはもうひとつの奇跡を起こす力
 もあるはずだ。それは中国人をもっと豊かな生活へとレベルアップさせる
 ことだ。

という文で始まっています。紹介したいのは次の部分です。

  96年の春節、私は電話で友人たちに年賀の挨拶をしたが、長らく会って
 いなかった友人のひとりは電話線の向こうからひどく興奮した口調で、
 夫婦二人でツアーに参加して、これからシンガポール・マレーシア・タイを
 巡ってくるのだと、声高に話してくれた。上海市のある旅行社の支配人は、
 会うなり愚痴をこぼした。東南アジアツアーへの申し込みが満杯になるなど
 とは思わなかったので、友人のために早めに申し込み枠を確保しておくこと
 に思いいたらなかった、というのである。
  以前はよく、さまざまな皮膚の色の人々がクーラーのきいた観光バスから
 降りてきて、各地にあった大小さまざまの外国人向けの友諠商店に列をな
 して入っていくのを、中国人が好奇心と羨望の眼差しで眺めていた。あの頃
 は、服装の異なる、首にカメラをぶらさげた人々は、中国人の目には宇宙
 からの訪問者のごとく神秘的に見えたものだが、いまでは国外へと飛び出
 していく中国人たちがいる。
  しばらく前、私はかつて大学で教鞭を執っていたアメリカ人の教授と電話
 で話し、何気なく北京の「マイカー・ブーム」に触れた。このアメリカ人は感慨
 深げに、彼が中国で教えていた時代からは想像もつかないことだと言った。
 実のところ、私たちにも当時は予想がつかなかった。

 以前は中国国内で、外国人を好奇心と羨望の眼差しで眺めていたとの部分
は、私が第1、2章で書いた80年代の留学のときの光景です。中国国内で
間近に見る外国人すら、遠い存在だった。ところが豊かになってきて、自ら
出国する中国人が増えてきた。マイカーを持つ中国人も増えた。外国人との
生活レベルの距離が縮まった。だけど、まだ対等とまではいかない。それ
くらいの段階って、負けたくないという気持ちがよけいに強まる時期だったの
だな、と今90年代を振り返って思います。

この続きはまた次回に。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR