Entries

法然院で開催中 韓国の書刻家・イ ヨンス氏 『好好展』

京都の法然院で、韓国の書刻家・時中 李永守(イ ヨンス)氏の展覧会
『好好展』が開かれています。
昨日始まり、9月10日日曜日までです。

2017年9月4日撮影 法然院 好好展 建物外観

2017年9月4日撮影 法然院 好好展 建物内部


ポジャギ、ヌビなど、韓国の伝統手工芸に取り組む友人たちのご縁で、
作家さんと知り合いました。
作品自体がすばらしいのはもちろんですが、そこに込められた心に
感動しました。

「더불어」(ともに) の横に書かれていた言葉―
風鈴は ひとりでは 音を出せない
風が吹いてくれてこそ 音が出るように
この世の中 何もかも ひとりで存在することはない

今回の展示にたどりついたのも、ご縁があってこそだったですし、
自分が今取り組んでいる仕事も、一緒に関わる人たちあってこそ。
作品を見、そのありがたさを改めて思いました。

「楽在其中」 には、一部抜粋すると、楽しみはひとえに私の中にあり、
ただ楽しく暮らせばいい、と書かれていました。
人間関係でちょっとしんどいなあ、と感じていて疲れ気味の私には、とても
気楽になるというか、元気を与えてくれる言葉です。
(そんなに深刻じゃないですが^_^; でも、こういう言葉に励まされるのは
うれしいですね。自分自身がもっと楽しく!)

展覧会では、奥様の作品もいくつか展示されています。
とても癒され、思わず微笑んでしまう作品です。

法然院は、哲学の道からすぐ。
銀閣寺も近いです。
私は、蹴上駅で降り、南禅寺を見てから、哲学の道をぶらぶら歩いて行き
ました。
桜の時期のようには混まないので、静かに散策するにはいいですよ。
歩いているのは、日本人より、外国人がより多いかな?

日本のお寺で韓国の作家の作品展、なかなかいい感じです。
会場内に吹いてくる風も気持ちいいです。
緑もきれい。
ぜひお出かけください!(^^)!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR