Entries

『パンダと爆買い』第4章 感情的距離 領土問題報道から感じたずれ 続き

第4章 感情的距離
      領土問題報道から感じたずれ 続き

 日本の報道と、中国語圏では主に香港の報道を見ていて最も感じたのは、
この問題に対する温度差というか、ずれです。先に挙げた『亜洲週刊』での
取り上げ方があまりにも激しく、怒りに満ちていたので、他の報道ではどう
なのか気になり、香港の新聞や台湾の新聞を見ました。京都の国際交流
会館で閲覧できたので、何度か通いました。新聞も週刊誌同様、感情的に、
激しく、大きく取り上げていました。
 一方、日本の報道では、取り上げてはいるものの、何だか香港の怒りの
報道を相手にしていないかのような(知っててなのか、それともよく知らなくて
なのかは不明です)、まるで他人事のような、冷めた報道でした。量的に比
べてみても、少なかったです。
 一体この落差は何なんだろう? 香港の人の怒りが大きくなればなるほど、
その怒りは無駄になるのではないか。日本人はもっと香港の人の怒りに気づ
くべきだけど、香港の人も、怒りのエネルギーをもっと日本人に響くような
上手い形で使えないものだろうか? ますます過激になる抗議デモの報道を
見ながら、答えのない問いを自分にずっとし続けていました。周囲の人にこれ
について話しても、日常的に香港の報道をチェックしている人なんていません
から、誰にも相手にされず、虚しかったです。
 国や地域が違えば、社会や文化が違いますから、報道が違ってくるのも
当然といえば当然です。他の国や地域で大きな問題でも、日本でそのまま
報道するのは、国にとって不都合な内容、という側面もあるでしょう。
 ただ、国や地域が異なるから報道が違っても仕方ない、と割り切ってしまい、
お互い近づこうとする努力を放棄するのもどうなのかなと思います。一番
いけないのは、同じ問題を取り上げるにしても、国や地域によって報道が
異なる、という自覚もないまま、新聞に書かれていることやニュースをその
まま受け入れ、それが外国のイメージとして出来上がってしまうことだと思い
ますが。私がソウルに住んでいたときも、あんな怖いところに住んでいて大丈
夫? といった心配を日本の知人からされたのも、日本での朝鮮半島関連の
報道=朝鮮半島の全て、と知らぬ間に思い込んでいる(思い込まされている)
からです。
 大事なのは、ずれを意識し、どうしてずれるのかを考えながら見ていくこと
だと思います。そのためには、外国語で直接情報をつかめなければなりませ
ん。日本では、外国語コンプレックスというか、日常的に外国語で情報を仕入
れる人が、決して多くありません。海外ニュースの翻訳版を見ればいいじゃな
いか、と言われてしまいそうですが、翻訳されたニュースの量というのは、全て
が翻訳されるわけではないので、原文のニュースと比べると少ない。私は、
自分が中国語で(プラス今は韓国語で)直接情報を仕入れるようになって感じ
るのですが、日本での外国のイメージが乏しかったりずれていたりするのは、
日本語だけで情報を得る人が圧倒的に多く、外国語でも日常的に直接ニュー
スを見る人が少ないのが原因のひとつではないでしょうか。
 80年代の留学時には、社会体制や経済格差からくる中国との隔たりを感じ
ましたが、90年代は、尖閣諸島をめぐる香港報道から、感情のずれを痛感
させられました。仲良くなるのは本当に困難なことだ、と気が遠くなるようでし
た。唯一、『亜洲週刊』に尖閣諸島問題も含め何度か投稿したとき、掲載して
もらっていたのが、「こんな状況でも日本人の意見を取り上げてくれている」と、
ひとすじの希望の光を感じました。そのかすかな希望が、今回の執筆につな
がっています。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR