Entries

『パンダと爆買い』第3章 社会的距離 友達になれない

第3章 社会的距離
      友達になれない

 ここまで、中国人の友達、友人、と文中に書くことがありましたが、正直、
80年代の留学で本当の友達を作るのは、困難でした。
 文通クラブをきっかけに知り合った中国人、汽車の中など、どこかでたま
たま声をかけられ、交流するようになった中国人、親しくなった学校の先生
……結局、当時知り合って、以後長いつき合いをしている相手は、残念なが
ら一人もいません。90年代に日本で知り合った中国人留学生も、当時は親
しくつき合っていたのに、今も交流のある人はいません。なかなか会えない
けれど、ずっとつき合いのある人は、90年代私が香港の時事週刊誌に投稿
した文を目にし、出版社経由で手紙をくれた香港の友人と、あとは2000年
以降にソウルなどで知り合った中国人です。
 そもそも、日本人同士だって、住居が離れたり何だかだで、音信不通に
なってしまうことも少なくない。ましてや外国人となると、今どこに住んでいる
のかも、無事生きているのかもわからないくらい、疎遠になってしまいます。
つき合いを長く続けること自体、難しいのです。だから、若いころの留学で
知り合った中国人と、今交流がないのも無理はありません。
 でも、友達になれそうでなかなかなれなかった理由が、やはりあったので
す。ただ単に、言葉や文化の違いからという理由ではない何かが。中国語
は大学1年のとき始め、韓国語は46歳のとき開始。中国人とのつき合いの
ほうがずっと長いのに、今の私は、継続して連絡を取り合い、行き来してい
る外国人の友達は、韓国人のほうが多いのです。そこにヒントがあるような
気がします。そしてそれは、相性の問題というよりは、他の部分にありそう
です。
 80年代に中国人との壁を感じたことは、主に二つ。ひとつは、中国人と
外国人の距離が、社会的にあったということです。83年の最初の留学のと
き、渡航前に大学の先生から注意されたのは、街中で堂々と中国人の知
り合いと会わないように気をつけなさい、ということでした。家を訪ねるとき
も、周囲に見られないよう、こっそり行きなさい、と。
 外国人と親しいと、スパイ!?
 スパイといえば、こんな話を聞きました。北京語言学院を退職したある先生
が、90年代日本で数年間中国語を教えていたので、個人レッスンで習いに
行っていたときのことです。私が、80年代の留学で、中国人と堂々とつき合い
にくかったという話をしたら、その先生は、学校の教員宿舎でのスパイ探しの
話を聞かせてくれました。なんでも、スパイ探しの仕事を任されている学校
職員がいて、教員宿舎を密かに見回りしていたのだそうです。そしたら、よく
「カチカチカチカチ」と音のする家があったと。きっと外国に暗号でも送ってい
るに違いない、よし捕まえなければ! と捜査に入ったら、カチカチという音は、
英語の先生の自宅で、英文タイプを打つ音だったとか。
 どこまで本当かはわかりませんが、私自身も、中国人の友人との交流を、
もっと控えるよう学校から注意されたことがあります。また、留学生宿舎の
女性職員の中に、愛想がよくていつも留学生にかわいがられている子がいた
のですが、ある日突然いなくなっていたということもありました。正確な理由は
わかりませんが、留学生によくしてもらっていたのが、上司は気に食わなかっ
たみたいで、辞めさせられたか他の部署に行かされたのではないかとの噂
でした。

*今回はここまで。続きは次回に!(^^)!

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR