FC2ブログ

Entries

『パンダと爆買い』第2章 2度目の留学 ―おまけ― カニは食べ物か!?

第2章 2度目の留学
     ―おまけ― カニは食べ物か!? 

 海外を旅するとき楽しみなのは、その土地ならではの料理です。が、そこ
で一定期間暮らすなど、滞在期間が長ければ長くなるほど悩まされるのも
食の問題。なにしろ、生きていくためには、食べないわけにはいきません
から。
 北京の食生活で困ったのは、油が多いことと、肉が中心で、魚があまり食べ
られないことでした。中華料理は好きですし、肉料理も好きです。が、魚も食
べられるからこそ、肉料理もおいしく食べられる。毎日肉、肉……では、胃が
疲れます。しかも、食べ慣れない羊肉が留学生食堂の水餃子に入っていた
りして、特に暑い日はにおいに圧倒されてしまいました。
 当時魚といえば、油で揚げた川魚のあんかけ料理。日本料理店に行けば、
刺身もありましたが、あまりにも高くて、私のような自費留学生はめったに
行けませんでした。休暇に沿海部を旅したときは、海鮮にありつけるのが
大きな楽しみでしたね。逆に、食で最も苦労したのが、シルクロードの旅の
ときです。
 中国は土地が広いので、食文化も地域によって本当に異なります。それを
強く感じる出来事が、大阪の専門学校で留学生に日本語を教えていたとき
にありました。
 ある週明けの授業のとき、上海出身の留学生が、「ねえ先生、聞いて聞い
て。週末みんなで市場に行ったんだけど、李君ったら、カニを知らなかった
んだよ!」と。李君は、内蒙古出身の留学生。聞けば、カニを食べたことが
ないばかりか、カニの存在自体を知らなかったというのです。市場でカニを
指さし、「これ、食べるの?」と他の留学生に聞いたのだそうです。カニを
はじめ海鮮を食べ慣れている上海の学生は、本当にびっくりしたようでした。
 魚といえば、もうひとつ。中国内陸部の寧夏回族自治区出身の先生と、
大阪の府立高校で一緒に仕事をしたことがあります。二人で雑談している
うちに、魚の話題になり、この先生は「日本は海の魚が多いけど、くさくて
食べられない」と言うのです。
 えっ!? 海の魚がくさい?
「川魚のほうが、くせがあるのに」と私が言うと、「いえ、川魚はくさくない」と。
育った土地によって、食べ物のイメージも、ずいぶん変わるものなのですね。
 のちに韓国に住んだときは、海鮮豊富で、しかも海藻類も豊富で、本当に
助かりました。

*この記事は、以前ブログにアップした記事と、一部内容が重複します。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR