Entries

『パンダと爆買い』第2章 2度目の留学 貴重なビニール袋 続き

第2章 2度目の留学
      貴重なビニール袋 続き

 留学後何年も経ってから中国を訪れたときは、道端にファストフードを食べ
たあとのゴミと、ビニール袋のゴミがたくさん捨てられ、ふわふわと浮いている
のを見、ゴミひとつとっても中国は変わったなあと実感しました。
 外食に目を向けてみると、留学当時はファストフード店なし、カフェなし。
一人でぶらっと入って食事するというような環境ではありませんでした。ごく
普通の食堂は、衛生面でちょっとこわくて入りづらく、自炊せず一人で簡単に
すませるときは、道端で売っている焼き芋を買って食べたり、果物ですませた
りしていました。留学してそんなに経っていないころは、夜寮で一人バナナを
食べながら、涙がポロリ。日本では、親が食事を用意してくれるのは当たり前
だったけれど、有難いことなのだなあと思いました。
 90年代に旅行で上海に行き、ケンタッキーフライドチキンを食べたときは、
感慨深かったですね。ファストフードが特別好きなわけではないのに、今留学
したらもっと楽だっただろうなあ、なんて。

 食以外に、日々の生活で必須のことといえば、洗濯。寮には、洗濯機なんて
贅沢なものはありません。企業の派遣留学生や一部の金持ち留学生が持っ
ているだけでした。それだって、よく故障して困ると聞いたことがあります。
 一年間、服は手洗いしました。夏はまだいいけれど、冬は厚地の服が多く、
大変でした。幸い、乾燥していたので、どんなに厚地のものでも、部屋干しで
すぐにかわきました。洗濯は実に面倒で、もう二度と毎日手洗いなんてしたく
ないけれど、手で絞った衣服を部屋に吊るしていたのが加湿器的な役割を
果たし、喉にはよかったかもしれません。どんなに面倒で不便なことでも、
必ず長所はあるものです。
 2001年夏、大連の大学に短期留学したときは、共同ではありますが、寮に
洗濯機がありました。各部屋にシャワーもついていたし、80年代の留学と
比べ、だいぶ便利になりました。ただ、2001年の留学のときも、断水は時々
あったし、水質もよくなかったので、あまり変わらないこともあるのだなあ、と。
 ところで、洗濯機から思い出すのは、当時の家電製品の状況です。とにか
く、日本製がいい! という評判でした。中国人の家に遊びに行くと、日本製
の家電がどれくらい家にあるか、ひとつひとつ自慢げに説明してくれました。
 初対面の中国人との会話でも、私が日本人だとわかると、「ソニー、
シャープ、東芝……」というふうに、日本のメーカーの名前が次々と挙がる
ことが少なくありませんでした。まだ会話がそんなに流暢でなかったころ、
貴重な会話のネタだったので、日本のメーカーの中国名を必死に覚えまし
た。海尔(ハイアール)のような中国のメーカー名が話題になる時代が来る
とは、当時は想像もつきませんでした。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR