Entries

『パンダと爆買い』第2章 2度目の留学 市の中心部にも馬車

第2章 2度目の留学
      市の中心部にも馬車

 1985年3月、大学を卒業し、同年秋から一年間中国に留学しました。留学
先は、大学在学中に短期留学した北京語言学院(北京語言文化大学)です。
 1983年夏の短期留学から2年しか経っていなかったので、目にする風景に
大きな変化はありませんでした。人民服を着た人々、自転車の大群、あち
こちで見かける馬車。
 どれも、今では見られなくなってしまいました。のちに私は、大阪の府立高
校で、中国人を主とした外国人生徒に日本語を教えるのですが、生徒たち
に留学時の万里の長城で撮った写真を見せたら、ゲラゲラ笑うのです。
何も可笑しなものは写っていないのに、なぜ? と疑問に思っていたら、
 「うわあ~、人民服着てる~!」
と。私にとっては、中国人の服装は人民服なのに、90年代に生まれた彼ら
にとって人民服は、現実ではない、歴史上の、過去のものだったんですね。
 交通手段の変化も大きいです。80年代の留学時、私の主な交通手段は、
バスか自転車、たまに地下鉄、でした。おそらく中国人も同じだったと思い
ます。当時は、自家用車なんて見かけず、普通サイズの車はたいてい
タクシーでした。ですから、今中国に行くと、車だらけなのが、本当に信じら
れません。
 馬車は、90年代に訪れたころまでは、北京市内の中心部でも見かけました
が、それ以来二度と見ていません。ちょっとしかなかった北京の地下鉄も、
今はずいぶん路線も増えて複雑になり、乗客も増えました。
 原っぱみたいだった北京市郊外も、今はビルだらけで昔の面影はあとかた
もありません。北京大学の辺りを、2012年夏に歩きましたが、留学時に時々
訪れていた場所がどこにあるか、さっぱりわかりませんでした。
 目にする光景をひとつとっても、80年代から今までの日本の変化と比べ、
中国の変化は本当に大きいなあと思います。

スポンサーサイト

Comment

馬車 

 へ~~、馬車が90年代にあったのですか?知りませんでした。その馬車というのは、大衆交通機関だったのですか?
 当時のバスには、車掌さんがいましたか?それとも、ワンマン運転でしたか?
  • posted by shunshun 
  • URL 
  • 2017.06/15 23:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 馬車 

馬車は、荷物運搬用です。そういえば80年代、シルクロードを旅したときは、人を運ぶためのロバの馬車があり、乗りました。
バスは、たしかまだワンマンではなかったように思います。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2017.06/20 12:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR