FC2ブログ

Entries

『パンダと爆買い』 序章

 「爆買い」という言葉は、今や日本ですっかり定着しました。
 バブルもとっくに終わり、日本人顧客からの高額消費が期待できない中、
中国人を主とした外国人観光客の旺盛な購買力が、不審にあえぐ百貨店
などの救世主となっています。
 訪日客増は、路線価の上昇にも影響を与え、新聞でも話題になりました。
たしかに、大阪の難波、心斎橋方面に行くと、いつも外国人観光客であふれ
かえっています。日本人の私がマイノリティになってしまうほど。少し前まで
は不思議な光景でしたけれど、今はだんだん当たり前になりつつあります。
私の外国人の友人たちも、道頓堀界隈が大好きですね。飲食店もよく知っ
ています。日本人がソウルで、明洞(ミョンドン)に行くような感覚なのでしょう
か?
 外国人観光客、特に中国人の爆買いにより、活気を取り戻し、上向きに
なった店や会社も少なくないでしょう。一方で、島国日本のあちこちに外国
人があふれ、意味不明の大きな声で話す、トイレの使い方が違うなど、戸惑
う日本人も出てきました。街中でまず変わったのは、トイレの使用法について
の外国語表記が増えたことのように感じます。困ること、切実なことから外国
語表記は増えるのでしょうか。
 また、昔ながらの風情ある市場が、商店街が、ドラッグストアや免税店など、
外国人に好まれる店に次々と姿を変え、伝統的な雰囲気がなくなってしまっ
たと憂える人もいるでしょう。もしかしたら、心の中で、外国人、もうこれ以上
増えないで! と願っている人がいるかもしれません。
 私は個人的には、外国人特に中国人の訪日客がこのように増えたことに
対し、うれしい気持ちです。それは、80年代の中国留学を主とした中国での
経験、中国との交流から来ています。以前は、中国人が観光で日本に来る
なんて、到底想像もできませんでしたから。その辺の詳細は、また後で
書きたいと思います。
 さてその爆買いにも、かげりが見えてきました。円高と中国政府の関税
引き上げで、訪日客の3割近くを占める中国人が、値段の高い家電などを
敬遠し始めているそうで、同種の記事やテレビ番組が目につきます。そういっ
た報道を見ながら思ったことのひとつは、
「え!? 爆買いが永遠に続くとでも思っているの!?」
もうひとつは、
「これでひとつ進歩したんだな」。
爆買いの恩恵を受けていた、高額商品を売るお店の人にはごめんなさい、
なのですが。
 円高や中国税制という背景もあるでしょう。が、それだけではないと思い
ます。今まで日本旅行など身近ではなかった人たちが、実際に日本を訪れ、
買いたいものを一通り買い、落ち着いたこと。あとは、日本を自分の目で
見て、舌で味わって、直接体験することによって、もっと日本の文化を知ろう、
と一歩も二歩も深い日本体験の段階に入ったとみていいと思います。

 1962年生まれの私が中国に興味を持ったのは、小学生のときでした。
同世代の人はきっと、上野動物園のランラン、カンカンのパンダブームを
覚えていることでしょう。パンダの存在は、本書のタイトルにするほど、
私にとって大きいものです。パンダをきっかけとして興味をもった中国。
1981年大学に入学し、中国のことをもっと知るため、中国語の勉強を始め
ました。大学在学中の1983年夏には北京に短期留学し、大学卒業後の
1985年秋から一年間、再び北京に留学しました。社会人になってからも、
仕事で、プライベートで、何らかの形で中国と関わりました。そしてそれは、
50代半ばの現在に至るまで、少し疎遠になるときはあっても、縁が切れる
ことなく、中国との関係は続いています。
 それはなぜか? 中国と関わる中で感じていることは? 多くの人に伝え
たい思いは? などなど、これから展開していきたいと思います。

*予告編でも書きましたが、昨秋書いたものなので、訪日客関連のニュース、
今はまた違ったものになってきています。
爆買いという言葉は以前ほど使われなくなり、体験型旅行の話題が増えた
ように思います。
*今回は序章なので1回で書きましたが、これで400字詰め原稿用紙
4枚分くらい。ひとつの話がこれより長い場合もあります。
今後は、長さによって、2回以上に分けて書くこともあります。

どうぞこれからもよろしくお願いします!(^^)!
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR