Entries

ツライ(>_<) 黄砂

今朝の毎日新聞一面に、
黄砂 かすむビルの街 大阪
という見出しで、黄砂に覆われた大阪のビル街の写真が載りました。
一昨日7日甲子園球場に行ったときも、六甲山がかすんで見えました。

先日行ったソウルでも、街が黄砂に覆われました。
5日はかろうじて青空でしたが、帰国日の6日はほこりっぽかったです。
滞在中、何ともいえない体のだるさを感じ、のども痛かったです。
それは、自分の体調不良による、体の内部からの違和感でなく、外から
何かが入ったことによる不快感。
韓国に住んでいたとき、もともと春は好きな季節なのに、一番体調が
悪い、つらい季節でもありました。
今回の訪韓で、それを思い出してしまいました。

6日の帰国便でもらった中央日報に、黄砂の話題も出ていました。
小見出しには、中国で2年ぶりの最悪の모래폭풍、と。
直訳すると、砂暴風。
砂嵐とでも言えばいいでしょうか。
記事によると、ゴビ砂漠から吹いてきたものだそうです。
日本でも、東日本より西日本のほうが黄砂の被害が大きいかと思いますが、
韓国はより中国に近い、と、黄砂に覆われたソウルで思いました。

中国では、もっとすごいのでしょうね。
私が北京に留学していた80年代も、黄砂はひどく、この時期の外出は、
まともに目を開けていられないほど大変でした。
が、今は当時のように、多くの人が自転車に乗り、車はバス、タクシー、
そしてトラックなど一部、というのと違い、車がとにかく多いですから、
車からの排気ガスだけでも大変な量になるでしょう。

ソウルでは、会う人たちから、ここ数年どんどん空気が悪くなっている、と
聞きました。
私が住んでいたときよりひどくなっているようです。
本気で移民を考えるほどだ、とも。
本当に、何とかならないのでしょうか……
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR