FC2ブログ

Entries

楽しいと続く 韓国の食の本を読む会

月に1回、韓国の食に関する本を読む会をしています。
昨年2月に始め、いつの間にか1年が過ぎました。

特に毎月何日にするとか第何何曜日にするとかは決めておらず、
会のたびに次回の日にちを、皆(といっても私を含め3人ですが)の都合の
いい日を選んで決めています。

正直、1年以上続くとは、始めたころは思っていませんでした。
習う人たちが継続できないだろう、ということではないんです。
ひまをもてあましているわけでもなく、お互い日にちが合いにくかったり
すると、どうしても「じゃあ今月は休みにして、また時間の合う日に……」
なんて言っているうち、だんだん面倒くさくなってやらなくなる、ということは
語学学習に限らずよくありますから。
(ジム通いとか。会費だけ引き落とされ続け……^_^;)
休んだ月は、私が引っ越しで忙しかった8月だけです。

やはり、興味のある分野について読むというのは、楽しいんですよね。
語学の勉強になるだけでなく、知識にもなりますし。
韓国の食関係の本は、薬になる食、という視点から書かれているので、
すごく面白いんです。
私がもう少し時間に余裕ができれば、そのこともブログで、もう少し具体的に
また紹介したいです。

発音のきまり、文法はもちろん大事なので、可能なかぎり触れるようには
しています。
が、きまりばかりが授業の中心になると、やはりつまらなくてやめてしまう。
学習する理由が、楽しみとして、とか、韓国に旅行に行ったとき楽しく使え
れば、というのであれば、従来の教室でのきっちり型ばかりでなくても
いいかな、と思っています。

ただこういうふうに、学習者が原書を読むというやり方は、文法、語彙力が
ある程度ないと、一人で続けるのは困難かもしれません。
そんなとき、読める人が難しい部分について助け船を出せば何とか読める、
そう感じています。
他の外国語だと難しいかもしれませんが、日本語と似ている外国語なら、
可能です。
始めたころと比べると、読むのが速く、正確になってきたので、やはり効果
はあると思います。
これからも、微力ながらも自分が勉強してきたことが、他の人の力の一部
にでもなれればうれしいです。

日本では、順序よく勉強し、語彙を増やすのは1日10個ずつ単語を暗記する
とか、部屋中に単語カードをはる、といったやり方がいまだ推奨されがち。
それでは、暗記はできても、実際にその学習言語を使うときには暗記した
単語はうまく出てきません。
私自身が今までも書いてきたように、それで苦い経験をしています。
本を読む楽しさを、広めていきたいです。

写真右側の本は、昨秋ソウル・仁寺洞のギャラリーでたまたま買ったもの。
次の会から、この本を読み始めます!(^^)!

2016年11月13日撮影 韓国で買った絵本
スポンサーサイト



Comment

辞書 

 韓国語初心者が使う辞書として、推薦できるものはありますか?
 私は、韓国語の本は、あまり読めないのですが、連合ニュースの字幕で、わからない単語や、意味を知りたい言葉が出てきたときに、画面をストップさせて、『新韓日辞典』(金貞淑 編著)民衆書林・日本三省堂版で調べます。赤と黒の2色刷りです。釜山の宝水洞の古本屋で、2005年に15,000Wで買いました。
 日韓事典は、やはり宝水洞で2006年に、26,000Wで買った、『エッセンス 日韓事典』民衆書林を持っていますが、ほとんど使いません。天理大学編集の、大きな辞書も持っていますが、ほとんど使いません。
 もう少し後になったら、韓国の歴史の専門書を読みたいと思っていますので、その時になったら使うと思います。
  • posted by shunshun 
  • URL 
  • 2017.06/03 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 辞書 

韓国語の辞書については詳しくないので、あまり参考にならないかと思いますが、私が初級からずっと使い続けているのは、小学館のポケットプログレッシブ韓日・日韓辞典です。もともと家族が使っていたものを借り、そのうち主に私が使うようになったので、書店で自分で探したものでもありません。が、今でも重宝しています。使いづらいところといえば、字が小さいことぐらいでしょうか。活用形のきまりについても出ているので、ありがたいです。
初級から使うのは難しいかもしれませんが、韓国の国語辞典もよく使っています。漢字語の確認などにも役に立っています。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2017.06/06 15:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR