FC2ブログ

Entries

アウトプットのためには、原文でインプット

先日、拍手コメント欄にコメントをいただきました。
ありがとうございました。とてもうれしく、励みになりました。
お礼を書いたものの、お礼コメント欄は見づらい(システム的に)ので、
ここに一言書かせていただきました。

今日、韓国の友人から本が送られてきました。
キム・フンの長編小説『공터에서』。
공터は空き地の意。
まだまったく読んでいませんし、内容紹介や、適切なタイトルの翻訳は
できないので、申し訳ないです。
(検索したら、広場で、といくつか出てきたのですが)。
それでも本について触れたのは、外国語で発信するには本など原文を
読んでたくさんインプットするのがいかに大事か、書きたかったからなん
です。

友人は、ドキュメンタリー映画監督でありカメラマンでもある人で、上映、
取材などで日本にも度々来ています。
先日居酒屋で会ったとき、いい写真を撮るためにはどうしたらいいか、
聞きました。
機械が苦手で、機材の扱いに不慣れなのが最も大きな問題、と
そればかり気にしていた私に、
とにかくいい作品をたくさん見なさい、そして、たくさん撮りなさい、と。
言われてみたらなるほど、だったんですね。
外国語の勉強と基本は同じだなあ、と思いました。
そして、写真を通し何を伝えたいのか、そのメッセージが大事だから、
いくらきれいな写真でも中身がなければ意味がない、と。
今、自分で撮った写真を新聞記事に載せるのが、こんなんでいいのかなと
自信なく鬱々としていただけに、ちょっと希望をもらいました。
昔と比べたらカメラの性能はかなり上がっていますしね、素人でもいい
写真が撮りやすくなったかもしれません。

そして、「いい写真の作品を見ることの大事さ」から、韓国語ネイティブでない
人が韓国語で(韓国語に限りませんが)よりいい文を書くには、いい原文を
たくさんインプットするのが大事ですよね、という話になりました。
そしてすすめられたのが、キム・フンの小説なんです。

キム・フンの小説は、拙著でも紹介しましたが、『南漢山城』を4年前に読み
ました。
これも、韓国人にすすめられて読みました。
当時の私には難しかったですが、難しいと感じながらも、いい文だなあと
思いながら何とか最後まで読みました。

今まで読んだ韓国の本は大体20冊で、プラス絵本や子供向けのものが
数冊。
あとは原文を読むということでいうと、主に新聞ですね。
中国語で書かれた本や雑誌の読書体験はこの何倍にもなるので、韓国語の
原文読書体験は、まだまだ少ないです。
が、今年韓国語で記事を書くようになり、悪戦苦闘しながらも、せめて
本を読んできてよかった、と感じています。
読んでインプットしたものを、今懸命に引き出しているという感じです。

もちろんインプットばかりではだめで、日頃から適度にアウトプットしている
かどうかも大事ですけれどね。
でも、インプットなしにアウトプットはできないですから、韓国語を使う機会
が少ないと感じている人も、買ってそのままになっている本を読んでみては
いかがでしょうか。
全部でなくても、一部だけでも。
試験勉強ばかりするよりも、このほうが、目に見えない力が自然に蓄え
られていきます。
そして、特に気に入った表現、気になる単語を書き出してみるのもいいです。
普通ある程度の分量の本は私はあまり精読しないのですが、今回送られて
きた小説については、時間がかかっても気になる部分は書き出してみよう
かな、と思います。



スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR