Entries

2017年1月の訪日客

昨年も同じころに訪日客関連の記事をアップしましたが、今年も1月の訪日客
の記事が出たので、その話を。

2017年2月16日毎日新聞によると、今年1月の訪日客は、前年同月比24.0
%増の推計229万5700人で、
月間として過去最多だった昨年7月の229万6451人に迫る水準だったそう
です。
1月末に旧正月に伴う大型連休が始まったことも影響したようです。

国・地域別では、1位中国63万600人、2位韓国62万5400人、
3位台湾35万800人。
中国は32.7%増といいますから、すごく増えてますね。

今までも書きましたが、仕事の関係で関西のお寺に行くと、中国人、
韓国人、本当に多いです。
行き帰りの電車の中でも必ずといっていいほど見かけますから、個人や
グループでの旅行も増えているのでしょうね。
若い男子が数人連れだっているのは、たいてい韓国人のグループですね。
日本の男性って、あんなふうに4,5人のグループで仲良く行動しているの
ってあまり多くは見ませんから、すごく目立ちます。
楽しそうに写真を撮っている様子を見ると、こちらもつい笑ってしまいます。

上記の記事の一日前、韓国観光公社社長のインタビュー記事が
朝日新聞に出ました。
記事によると、日本を訪れる韓国人の数は昨年、初めて500万人を超えた
のだそうです。
日韓はLCCが多く(特に関西)、若い人も気軽に来られるというのが関係
あるみたいですね。
そういえば、年末釜山に行くとき、ジンエアに乗ったのですが、乗客の
ほとんどが若い韓国人でした。

一方、訪韓する日本人は、昨年4年ぶりのプラスとなる約230万人を記録
したそうです。
しかし……訪日する韓国人の半分以下なんですね。
少ない。
人口は日本のほうが倍以上なのに。
最近の半島関連のニュースで、ますます行かない人が増えるのでは。
また、230万人というのも、延べ人数なら、リピーターの割合が高いかも
しれないなあと思ってしまいます。

この数字を見て、悟りました。
訪韓者向けの情報を提供するのは、仕事としては成立しづらい、と。
今まで何とか糸口を、とやってきたけれど、しばらくは訪日客向けに
外国語で情報を提供するほうが仕事になるし、懸命だと判断しました。
もちろん、韓国関連の情報を出していくことを、あきらめたわけでは
ありませんが、仕事としてやっていくのは、しばらく脇に置いておくことに
したほうが、ということです。
ここ数年書く作業を通じ、今日本ではこういうことできちんとそれなりの
報酬をもらえる人は非常に少ない、と、自身の経験と周囲の人たちを
見ていて痛感しています。
割り切ればいいのでしょうが、私にはちょっと無理です。
教える仕事においても、特に日本語教師はイコールボランティアかもらえ
ても報酬が少ないというイメージが世間一般にあり、それをどうにか
変えたかったので、奮闘してきました。
報酬をもらうとなると、仕事は本当に大変です(無償の場合適当でいいと
いう意味ではないです)。
が、しばらく外国語での情報発信の仕事をがんばり、力がついたら、
日本での外国情報発信も再度仕事として挑戦したいです。

訪日客の話から、話がそれてしまいましたが……
外国語で外国人向けに日本情報を発信することは、まだそんなにメジャー
ではないと思うので、関心のある人はトライしてみるといいと思います。
日本に詳しい外国人もいますけど、ネイティブならではの情報力は、やはり
強みですから。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR