Entries

清水寺に行ってみたら……

今日、清水寺に行ってきました。
舞台の修理が始まっており、子安の塔からの舞台の眺めが見られなくなる
前に写真を撮ろうと思い……

京阪五条駅を降り歩いて行き、坂をのぼる交差点のところに着いたら、
何やら賑やか。
以前は、冬行くとそんなに人はいなかったのですが、今は季節関係なくなっ
てますね。
もちろん、春秋よりは少ないのでしょうが、それでも他の観光地よりずっと
多いです。

そして、まわりから聞こえてくるのは、外国語ばかり!
中国語(普通話)、広東語、そして韓国語。
中華圏は人が多いですから、人口比率でいくと、韓国人の割合はかなり
高そうです。

レンタル着物らしき着物を着ている人も、日本人より外国人が多かった
です。
嵐山や伏見稲荷でもそうですが、まるで私が少数派の外国人にでも
なったような気分です(^_^;)

FBの公開ページにその様子を載せたら、首都圏の人から、
浅草と同じ!という書き込みがありました。
着物を着て、日本らしい風景(浅草なら仲見世)を背景に記念写真、
というのが人気のようですね。
それと、かわいい小物の店、おいしいもの(甘いものも含め)も
関係ありそう。
人力車ががんばっているというのも、似ているところかもしれません。

昨日は法隆寺に行ったのですが、日本人のほうが多かったです。
(といっても、来ている人自体があまり多くなかったです。
特に、団体さんは見かけませんでした)。
韓国人も、1グループ見かけたのみ。
でも、本当に熱心に見てまわっていました。

清水寺は、ならではの風景、日本的な町並み、着物、小物、グルメ
など様々な好まれやすい要素が凝縮されているんでしょうか。
縁結びなども関係あるのかな。
興味深い現象だなあと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR