Entries

2016年冬 韓国 巨済島へ

クリスマスイブの日、釜山から日帰りで巨済島(コジェド)へ行ってきました。

一度行きたいとずっと思い、せっかく航空券とホテルを予約したのに、
下調べをする時間が全く取れず、ガイドブックも持たず、とにかく釜山の西部
バスターミナルに行ってから決めればいいや、といういい加減な旅の始まり
でした。

バスターミナルに行って掲示板を見たら、巨済島という行き先がない!?
係員に尋ねたところ、巨済島のどこに行くのか?と。
三か所あるのだと、そのとき初めて知りました。
(行き先も決めていないのにチケットを買いに来るなんて……と、係員は
あきれ顔でした^_^;)
市の中心部に行くバスだと海に出にくいかもしれないので、あと二つの
行先のどちらかにすることにしました。
どちらもうしろに、「포(ポ 浦)」とつく行先名。
浦とついていればとにかく海に行けるだろう、ということで、より遠いほうの
長承浦という所まで行くことにし、バスに乗りました。

1時間15分ほどで到着。
古い、小さなバスターミナルで、トイレもボロ。
最近は、地方でもある程度の規模の観光地なら、トイレは比較的きれい
なので、久しぶりにキタナイトイレでした。
紙の観光地図も置いていないので、ターミナルにあった観光地図を見、
海鮮食堂や灯台付近の散策コースを目指しました。

2016年12月24日 巨済島 バスターミナルの地図

夫婦二人ともワイファイも借りてないので、検索して調べることもできないまま
とぼとぼ歩きました。
まあ、若いときはこれが当たり前だったので、たまに自分の旅先での感覚を
蘇らせるには、いいかもしれませんね。一人だとちょっと不安だけど。

2016年12月24日 巨済島の干物の風景

徒歩15分か20分くらいで、海辺の海鮮食堂が集まっている所に到着。
昼食を済ませ、揚支岩灯台を目指して歩き始めました。
所々に標識もあり、道に迷うことはなかったです。
スポーツウェアを身につけた人と何度かすれちがったところをみると、地元の
ウォーキングやジョギングにも使われているコースのようですね。
観光客も、まばらですがいました。
片道1時間弱で、灯台に到着。
途中から山の中という感じで、傾斜もあったし、ちょっと心細かったですが、
さすがに灯台まで出てくると、景色はとてもいいです。
水平線がぐるーっと見渡せ、地球が丸いことを実感。
こういうときは、悩みごとがちっぽけなものに見えてきますね。

帰りは、行きには通らなかった彫刻公園という所を通り、バスターミナルに
出ました。
岬の地形に合わせ作られた、細長いこの公園は、両側が海。
なかなか見られない景色に、感動しました。

釜山から十分日帰りできるので、おすすめです。
が、ちょっと不便な面もあります。
海辺の食堂を出、灯台への散策路に入ってからは、トイレなし。
灯台に着けばトイレがあるかなと思ったら、ありませんでした。
ヘンな話ですが、復路はトイレのある公園まで我慢して歩くというちょっと
ツライ状況に。
それがなければ、もっと景色も楽しめたのに、残念です。
ここは軍事施設があり、市民の健康のために特別開放しているという趣旨
の看板が、あちこちにありました。
観光地としては決して便利ではないのは、そういう事情もあるかも
しれません。
地図も、あとで検索してみても、詳しいものはなかなか出てきませんね。
ソウルでも、軍事施設のある所は、たとえいい散策路があっても、
詳細な地図はなかなか見つからなかったです。

翌日に行った統営のほうが、観光するのにはずっと便利でした。
また統営日帰り旅行についても、書きたいと思います。
おそらく年明けてからになります。
来年初から一年間、韓国のある新聞で関西のお寺紹介をすることになり、
原稿締切の関係ですぐには書けないかもしれませんが……
変更の多い国だし、外国語で書くのは大変だし(もちろんネイティブに
たくさん修正してもらいます)、一年間無事に続くかどうか、全く自信ないです
が、とりあえずやれるところまでやってみます。

どうぞよいお年をお迎えください!(^^)!

2016年12月24日 巨済島 揚支岩灯台付近散策
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR