Entries

難しい!? 日本語の聞き取り

韓国に行ったときはもちろんですが、日本にいても、韓国人の友人が時々
訪ねてくるため、韓国語で話す機会があります。
知り合いに日本語の堪能な人は少なく、最初はちょっと不便に感じても
いましたが、そのおかげで? 韓国語を話す機会ができ、何とか忘れずに
いられます。

そんな中、たまに聞き取るのが難しくて困る場合があります。
韓国語が、というよりは、韓国語の中に突然混ざる日本語の単語が
???なときがあって、です。
最近会話の中でわからなかったのは、

「ぽっちゃん」
でした。
日本のどんな所に行ってみたいか尋ねたところ、ぽっちゃんゆかりの地に
行ってみたいという答えが返ってきたんですが、
???ポッチャン???
どこかにポチャンと落ちるのかな? え……どこだろ?
話はどんどん進んでいき、温泉が有名だとかどうだとか。
隣に座っていた家族が、「ああ、ぼっちゃん! 道後温泉!」
それでやっとわかったのでした(^_^;)
韓国語は語頭に「ばびぶべぼ」のような濁音が来ませんから、
「ぼ」が「ぽ」に聞こえ、それで私はわからなくなってしまったのでした。

もうひとつ、なぞなぞのような日本語が。
ある友人は、お母さんが日本生まれで、梅干しのような、韓国ではあまり
人気のなさそうな日本の食品を、歳を取ってからもなつかしがるのだそう
です。
「梅干し以外にもあるのよ」
と、友人。
「でも、名前忘れちゃって……何だっけ、ななすけとかいう食べ物……」
ななすけ???
何とかすけって、昔の男性の名前?
でも、食べ物だっていうし、そんな食べ物、日本にあったかしら?
私がぼーっとしていると、友人が、たくあんみたいで、茶色で……
と次々にヒントをくれ、それでやっとわかりました。
ならづけ、でした(>∀<)

日本人でも、声がちっちゃかったり、発音がはっきりしなかったりで、話の
聞き取りにくい人がいますが、上に書いたような間違い、ネイティブなら
まずしないですよね。
これが、外国人と付き合う面白さでもあります。
逆に、私たちが話す外国語も、時々とんちんかんなものがあるでしょうね。
以前、中国語で話していたときも、こっちは大真面目に話しているのに、
ネイティブから聞いたら可笑しなことを私が言っていたらしく、大笑いされ
ました。
何度かありましたが、内容はすっかり忘れちゃいました(^◇^)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR