FC2ブログ

Entries

ソウル 平倉洞(ピョンチャンドン) カナアートセンター 開催中の美術展 & カフェ motte

気になりながらも、行ったことのなかったソウル市北部の
평창동(平倉洞 ピョンチャンドン)。
高級住宅地で、おしゃれなカフェやレストラン、ギャラリーがあり、
映画やドラマのロケ地としても有名なので、ロケ地巡りツアーなどで
訪れた人も、きっといるでしょう。

今、平倉洞の가나아트센터(カナアートセンター)で開かれている美術展に、
行ってきました。

2013年6月23日 カナアート1

‘吉祥 우리 채색화 걸작전’(キルサン ウリ チェセクファ コルジャクジョン)
우리は我、私たち、 채색화は彩色画、걸작전は傑作展。
「彩色画」というのは、水墨画に対しての言い方?かどうかよくわかりませんが、
「民画」と言った方が、イメージがわきやすいかもしれません。
ただ、今回の展示は、庶民の家に飾られた民画というよりは、
宮中で飾られたような、大きく豪華なもの。
その色の華やかさ、鮮やかさに、思わず溜息が出ます。

2013年7月14日までは第1部で、册架図、牡丹図、長生図を中心に。
7月18日から8月20日は第2部で、花鳥図、龍虎図、文字図を中心に。
時間は10時~19時。気になる休館日ですが、ここは、展示替日などに
気をつけていれば、基本無休のようです。
大人5,000ウォン。
行き方は…地下鉄3号線景福宮駅3番出口を少し北に進むと、バス停があります。
そこから、1020、1711の緑のマウルバスに乗り、롯데아파트(ロッテアパート)下車。
横断歩道を渡り、少し逆戻りしたら右手にのぼり坂があるので、しばらく登ると
右手にあります。曲がり道には、案内が出ています。
写真左は、美術館屋上からの風景、
右は2013年6月18日朝鮮日報の美術展案内記事の一部です。

2013年6月23日 カナアート2 2013年6月23日 カナアート3

美術館の隣のビル3階に、映画やドラマ、コマーシャルなどで数多くのロケが
行われたカフェ・motteがあります。
「抜群の眺望」を一度見てみたくて、行ってみました。
おばさんの撮った写真では、その良さはうまく表現できませんが……
確かに、山に囲まれたカフェ、眺めはとてもよかったです。

2013年6月23日 カフェmotte1 2013年6月23日 カフェmotte2

私は、ケーキセットをたのんだのですが、1万6千ウォン(@_@;)
庶民には、高い!日本円で、1,500円くらい!?
ケーキ食べ放題ならいいけど……
展望台入場料、と割り切りました。まあ、たま~には。
でも、周りは結構親子連れが多かった。子どものジュースに、1万ウォン?
韓国の貧富の差というか、お金持ちがいるんだなあ~ってことを、
実感しました。

ーおまけー

ガイドブックや日本語韓国情報サイトにも紹介されている、今回の美術館。
どれを見ても、「ガナアートセンター」と書かれてます。
おそらく、カナアートセンターのローマ字表記が「ganaart」なので、それをもとに
「ガナ」と表記しているのでしょう。
ただ、語頭の「ㄱ」は、有声音ではなく無声音で発音されるので、「カナ」の方が
元の発音に近いと思います。
気になって韓国語のローマ字表記について調べてみたんですが、
韓国の「文化観光部2000年式」では、語頭の平音は、常に有声音字で表記すると、
決められているんですね。だけど、「ㄱ」のように、語頭で無声音化する場合にも
有声音字で表記するので、こういう混乱が起きるそうです。
例えば、金浦空港のローマ字表記は「Gimpo」。でも、発音は、「ギムポ」では
なく、「キムポ」。
(「ム」はホントは「mu」じゃなく「m」です。カタカナで表示できないので)
とっても細かいことなんですが、気になって付け加えました。
(語学オタクの、悪いクセです)



スポンサーサイト



Comment

 

有声音表記だと、ばんだババもん?
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.06/26 17:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR