Entries

引っ越し体験記 ―引っ越しが決まったら始めること―

ちょっと中国地方に旅行に行っていたので、ブログをお休みしました。
まだ引っ越しによる疲れも回復していないし、荷ほどきもまだまだなんです
が、今夏は遠出できなかったので、気分転換も兼ねて。
旅については、また後日アップします!(^^)!

今日は、引っ越しが決まったらまず始めることについてです。
業者との話し合いなど、手続き的なことは省き、荷造りに関する内容です。

ダンボールが届き梱包を始める前から、できることがあります。
持ち物の整理、処分。
家の中のあらゆるものが対象になりますが、転居日までの時間に余裕が
あれば、細かいものから始めることをおすすめします。

私はまず、各種書類(仕事関係、暮らしに関するものなど)、手紙類、
アルバム整理から着手しました。
恥ずかしい話ですが、昔の勤め先の給与明細や、何を買ったときのもの
か不明なレシートも出てきました。
かなり劣化していました。
何でとってあったのか? それも思い出せないけど、とにかく捨てました。
家計簿も処分。
家計簿をつけても、私はそれを見直しお金の使い方を考えなおすという
ことがほとんどなく、つけっぱなしでした。
過去に何にいくら出費したかなど、見たいときもあるので、記帳自体は
続けています。
記帳するほうが、無駄遣いもしませんし。
が、家計簿は買わず、少し大きめの手帳に、その日その日の出費について
メモするだけにしています。

手紙やアルバムは、相手もあることだし、思い出の品ですから、そう簡単
にというわけにはいきませんね。
でも今回、よほど特別なものを除き、手紙は処分。
それは、過去の交友関係がもう大事じゃないというわけではなく、
もう十分自分の心の中に、手紙をくれた人の気持ちは入っている、
との思いからです。
手紙を見ながら、改めて友のありがたさを感じました。
ただ、じっくり読みだすと作業が進まないし、捨てられなくなってしまいます
から、あまり読まないほうがいいかもしれません(^_^;)

アルバムは、フィルムで撮っていたときのもの。
デジカメと違い、撮り損ないや同じような風景写真も、同時プリントで焼き
上がってしまいます。
そういう写真を、かなり捨てました。
デジカメを使うようになってからは、よほどでないと印刷しないので、
今はこういう作業が必要なくなって、うれしいです。
でも、久しぶりにフィルムで撮った写真を見て、デジカメよりきれいに写る
なあ~と感じました。ちょっと懐かしい。

あとは、今まで引っ越しが多く、家によっては収納が不便な場合もあるので、
プラスチックや紙の各種収納用品を使っていましたが、今度の家は収納が
しっかりしているので、持っていた収納用品もだいぶ処分しました。
小さな収納用品はダンボールに梱包しなきゃいけませんから、処分した分
梱包する荷物も減りました。

今まで書いた以外には、やはり衣類ですよね。
ほぼ新品でも、何年も来ていない服は、今後も着ないと判断し、古着の
回収へ。
痩せたらはく!と、ずーっと取ってあったパンツも、痩せるのはムリだろう
とあきらめました(^_^;)
いたんでいる衣類は、ぞうきんにしたり、中途半端に余っている生活用品で
液体状のものを捨てる際、吸い込ませるために使いました。

衣類は嵩があるので、整理するとかなり荷物が減りますよ。
フランス人のように、10着しか……の域には到達しませんが。
整理、処分の順序としては、書類を先にしたほうがいいです。
衣類のほうが、整理するのには時間がかかりませんから。
書類の整理、処分は、引っ越しの直前にはやらないほうが賢明です。
直前は、最後まで梱包できない生活必需品の梱包に追われるため、
細かい作業はとてもできませんから。
引っ越しに慣れていない人が直前に徹夜する、と聞くことがあります。
私は体力的に徹夜は無理なので、絶対そうならないよう、作業を
いつ何をするか、かなり考えました。
そのおかげで、睡眠時間だけは削ることなく、無事終えました。
そうでなくても猛暑の引っ越しは体力を消耗するので……
いまだに回復していないです(>_<)
早く涼しくなあれ!

次は、梱包の順序や要領などを!(^^)!


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR