Entries

「이열치열(以熱治熱)」の大切さ、改めて実感

大阪は猛暑が続いています。
もちろん、他の地域も暑いのでしょうが、天気予報を見ると大阪は特に
暑いみたいですね。

身体に気をつけるようにしている私も、今夏は調子が悪く、泌尿器系の
不具合で、今病院に通っています。
歯科の定期健診以外滅多に病院には行かないので、これは珍しいですね。

幸い尿検査には異常なかったのですが、症状をお医者さんに話し、それに
合った漢方薬を処方してもらいました。
処方箋を持って行った薬局の薬剤師さんとの会話が、薬で症状が改善
したとはいえ未だ具合の悪い私の助けとなりました。

あまりにも暑いので、暑さも不具合の原因なのか尋ねたところ、
大いに関係あるのだそうです。
冷房の効いた部屋に長くいたり、冷たいものの摂取が増えたりするのが
よくない、と。
それを聞いて思い出した韓国語が、「이열치열(以熱治熱 イヨルチヨル)」。
辞書には、(熱によって熱を治すの意で)力には力をもって対する、と
出ています。
韓国に住んでいたとき、夏に新聞にこの言葉が出てきて覚えました。

歳とともに暑い時期でも冷たいものがそんなに食べられなくなったし、
あまり丈夫でないお腹も調子悪くなかったので、忙しさとあまりの暑さも
あり、温かいものの摂取を怠っていました。
薬剤師さんとの会話から、そういえばこのところ、食事時にスープ系の
温かいものをとっていなかったなあ、と。
温かい飲み物以外に、しばらくご無沙汰していたシチューや豚汁などを
続けてとるようにしたところ、具合の悪かった部分も少しずつよくなって
きました。

韓国の夏も暑くてしんどかったですが、ここまで体調不良になることは
なかったです。
韓国の場合、真夏でも温かいメニューが食堂にも多いですから、
そういうものを普通に食べていました。
日本では、真夏に鍋食べに行こうっていう発想があまりないですもんね。
冬には大混雑のもつ鍋屋も、夏はガラガラですし。
そんなところにも文化の違いというか考え方の違いが出ているなあと
思います。

検査では特に異常ないのに体調が悪いという人は、温かい汁けのものを
とってみてはいかがでしょうか!?
今夏の私の苦い経験から、温かくても炒め物だけではだめみたいです。

しかしこの暑さ、何とかならないんでしょうかねえ~
早く解放されたいです

2016年7月31日撮影 京都府立植物園 向日葵の花
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR