FC2ブログ

Entries

自宅での語学学習 問題集を続けるためには

前に自宅での語学学習を継続させるために大事だと思うことを書きました。
そのときは、主にペース配分の話。今回は、問題集を続けるために大事だと
思うことを書きます。

ひとつは、何といっても問題集の質がいいことですね。
もちろん、相性もあるでしょう。
質がいいかどうかの判断、なかなか難しいですが……
以前学校で働いていたとき、日本語能力試験対策のような試験対策の
授業では、過去問のほか、本当にいろいろ探しました。
語学を教える人でも大変なのですから、一般の学習者が問題集を選ぶ
のはもっと大変だろうと思います。
生教材をもとに、自分で作るときもありましたね。
解説が丁寧かどうかは、ひとつ選ぶときのカギになるでしょう。
正解しか載っていないと、フィードバックができないですから。

それと、私が今自宅で中国語の聞き取り教材をしていて感じることなの
ですが、自分で問題を解くには、レベルが適当かどうかが本当に大切
です。
当たり前といえば当たり前のことですが、日本人の性格からして、または
せっかく買ってしまったからもったいないという気持ちから、自分のレベル
に合わない問題集を、無理して使い続けるケースもあるのではないで
しょうか。
でもそれは、やめたほうがいいです。
学習意欲の低下につながるし、力がのびません。
記念にとっておくのも悪くないけど、思い切って古本として売ってしまうなど、
自分の手元から離してしまっても。

では、どのくらいのレベルがいいのか。
以下、資料をもとにではなく、完全に私個人の感覚から書きます。
ちょっと感覚的な表現でいうと、「少し難しい」と感じる程度。
簡単すぎると楽過ぎてヤル気が低下し、難しすぎると歯が立たなくて
自己嫌悪に陥る。
正解率でいうと、大体5~8割合っているくらいがちょうどいいのかな、
と思います。
今まさに私がそういう状態です。
聞き取りにくいときは50%くらいしかできないけど、わかりやすいときは
7、8割できる。
たま~に9、10割(^_^;)
これが常に9、10割正解だと、つまらなくなってしまう。
逆に常に1、2割しかできないと、劣等感の塊みたいになってしまう。
まあ平均して5、6割は正解で、いいときは7、8割という感じが、
いいのではないでしょうか。

あと、気持ちの持ち方。
設問は良問ばかりとはかぎりません。
そういう問題で間違えたときは、落ち込まないこと。
問題集が悪い!と、相手のせいにしましょう(^_^;)


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR