FC2ブログ

Entries

「お茶がつなぐ和」日中韓文化交流茶会に出席

GW最終日、中国茶高級茶藝師の友人に誘われて、京都国際会館で
開かれた
お茶がつなぐ和 日中韓文化交流茶会
に出席し、日中韓のお茶の世界を味わってきました。

茶道はまったくダメな私ですが、茶道具の展覧会は大好きで行くし、
日中韓3つをつなぐイベントという企画がとてもいいと思い、行きました。
お天気にも恵まれ、貴重な体験ができて、本当によかったです(^^)

日本のお茶席→韓国のお茶席→中国のお茶席
という順で行われました。
日本人なのに、日本のお茶席が一番緊張しました(^_^;)
写真も撮る余裕なく……
次に行われた韓国のお茶席は、こんなふうに5月らしい屏風が飾られ
ました。

2016年5月8日 韓国のお茶席

韓国のお茶とお茶菓子。
2016年5月8日 韓国のお茶と茶菓子

日本のお茶席と同じ茶室で行われたのにもかかわらず、雰囲気はがらっと
変わりましたね~ 不思議です!

そして最後は、隣の茶室に移って中国のお茶席。
2016年5月8日 中国のお茶席

日韓のお茶席で慣れない正座をしていたため、足がしびれにしびれ、
どうしよう……と思っていたので、椅子席の中国茶席に移り、ホッとしました。
中国のお茶席が、一番気楽だったかもしれません。

この日8回に分けて行われたのですが、全て満席だったそうです。
ほとんど女性ばっかりだったかな。
着物姿の人もけっこういて、普段着の私はいいなあ~着物着こなせたら、
なんて思って眺めていたのでした。
着物も、展覧会で鑑賞するのは大好きなのだけど、自分で着るのはさっぱり
です。着物、茶道、華道、全てダメですね(^_^;)
でも日本文化は大好きです。

日韓、日中の行事は多いけど、日中韓となると、なかなかないですね。
私は縁あって両方に関わってきて、3つをつなげることの大切さを切実に
感じているのですが、やはり片方にしか興味ない人は、少なくないです。
人の好みにとやかく言うのは干渉になってしまうけど、この3つは密接に
つながっています。今回のお茶の世界だってそう。
特に韓国にいたとき、中国を知らなければ韓国を知ることはできない、と
実感しました。
ですから、中国に興味のある人は韓国を、韓国に興味のある人は中国を、
もっと知ってほしい。
難しい話からだと入りにくいけど、お茶やお茶菓子を楽しんだり、陶器や
絵など芸術の世界から入ってみたり、いろんな方法があります。
これからこういうイベントが増えればいいな、と願っています。


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR