Entries

葛井寺 藤

桜の後見たい花は、つつじ、牡丹、石楠花などいろいろありますが、
やはり欠かせないなあと思うのが、藤の花です。

ずいぶん前は、平等院に行っていました。
ここの藤は本当に見事です。
でも、中に入るまでがまず一苦労。並ばなければ……
そしてやっと中に入っても、カメラを構えてじっと動かない、いい撮影場所を
花見のブルーシートのように占領している人たちがいて、普通のカメラを持つ
私のような人は、入り込む余地がありません。
花の見事さよりもストレスのほうが増し、ずっと行っていません。
(造幣局の桜の通り抜けもそう。うちは近いんですが、桜の美しさより人が
多すぎることのストレスが強くて、一度行ったきりです。私自身もその人混み
を作っている原因ではあるんですけどね^_^;)
春日大社の藤も建物との調和が好きで気に入っていますが、今春は
ちょっと新しい見どころを開拓しようと思い、大阪の葛井寺に行きました。

行ったのは一昨日。長谷寺の帰りに。
帰宅するのに、ちょっと遠回りになりますが、なるべく早いほうがいいと
思い、そうしました。
藤井寺駅で下車するのは初めて。
庶民的なアーケード街もあり、ああ大阪だなあ~、と感じます。
こういう雰囲気、温かくて好きです。

お寺は、藤井寺駅からそう遠くありません。
初めてだとちょっと道がわかりづらいかもしれませんが。
境内に入ると、藤棚がいくつもありました。
写真は、ごく一部です。
何枚も載せても、結局似たような写真になっちゃうので(^_^;)

2016年4月26日 葛井寺 藤(紫)

2016年4月26日 葛井寺 藤(白)

一昨日満開で、ちょっと枯れかけたものもあったので、昨日今日の雨で
GWは散りそめになってしまうでしょうか……
ここは大勢詰めかける所ではないので、静かに鑑賞できます。
くまんばちかなにか、蜂がブンブン飛んでいて、その音が聞こえるくらい
でした。
無料で入れますが、ネットで調べたところ、入れるのは午後5時までの
ようです。

お寺の説明にあったのですが、やはり渡来人ゆかりのお寺のようですね。
そして、帰り際ふと見たら、お寺のそばに辛国神社という神社がありました。
ここも、辛国(からくに)という名からもわかるように、渡来人と関係が
あるようです。
藤の花が目的で行きましたが、新たな発見があってうれしかったです。

2016年4月26日 辛国神社


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR