Entries

酷評に思う

普段ネットショッピングもしないし、自分の名前などを入力して何が書かれて
いるか、検索などもしません。
でも最近、アマゾンの書評を見る必要があり、拙著について検索しました。
知り合いから、☆ひとつの酷評があると知り、本当は読みたくなかったもの
の、もし今後嫌がらせをされる恐れがあったら困るしと思い、読んで
みました。
まずは韓国嫌いの人からの嫌がらせではないことがわかりました。
留学経験もある韓国通の人のようでした。

こんな本誰でも書ける、内容が浅く何が言いたいかさっぱりわからない、
著者は韓国の歴史勉強不足だからもっと勉強しろ、こんなのブログで
十分、お金出してまで買う価値の全くない本……などなど。
私にとって耳が痛い話でも、耳を傾けるべき内容が少しでもあれば、
ありがたく参考にさせていただきます。
が、申し訳ないけど、どれも私には響きません。
私のほうがエライという意味ではありません。
書き込みを読んで最初は非常に憤慨したし、大変悲しくもあったけど、
しばらく考え、これは「書き込み者が韓国関連本に求めるもの」と
「私が読者ターゲットとして考えている人」の完全なるミスマッチによるもの
だと、思いいたりました。

今までブログにも書いてきましたが、韓国が専門でない私が家族の仕事で
縁あって韓国に暮らし、韓国生活を元に本を書いたのは、日韓を行き来
していて、日本での韓国のイメージがあまりにも悪すぎて悲しい、何とか
少しでもこの状況を変えたい、という気持ちからでした。
これを言うと、「私は韓国をよく理解している、よく知っている」と言う人が
ごく一部ですがいます。
でもまだまだ、韓国にもほとんど行ったことないし、韓国語もわからない、
韓国のイメージは日本のワイドショーやニュースから主に得る、という人が
多いのです。
私が本を読んでほしいと思ったのは、こういったいわゆる通でない普通の
人たちです。(もちろん、通の人にも、通でない私が見た韓国を少しでも
楽しんでいただければ、と思っています)。
戦争問題や韓国の民主化などについて、大事じゃないと思っているのでは
決してないんです。ただ、そういうことを書くと、「ああ、詳しい、韓国好きの
人のための本ね、私が読む本じゃない」と、一般の人に読んでもらえなく
なる。でも、食文化やペットの話、おもしろい言葉の話なら、韓国をよく
知らない人でも読んでくれるのでは、と。

韓国関連で出ているのは、嫌韓本か、好意的なのはかなり専門的な本、
あるいは韓流向けの本。
西洋に関する本はもっと多様ですが、韓国関連は、ごく普通の人向けが、
あまりにも少ない。私はこれをどうにかしたいと思いました。
書き込み者は、「今まで何冊も留学経験者などの本を読んだが、こんなに
内容の浅いしょうもない本は初めて」だと。
私もある程度は知っています、学者やジャーナリストの書いたすばらしい
専門書。もう知っている人も多いので書きますが、私の家族は記者で、
韓国語もかなり堪能、歴史の知識もかなり深いです。
日韓の専門書に囲まれ暮らしています。
その本棚を見ながら、すごい本ばかりだけど、これ、特に韓国に強い関心の
ない、普通の人たちは、読まないよなあ、と。
そういう考えが本を書いた土台にあります。
私が書き込み者にごめんなさいということがあるとすれば、あなたが期待
する内容と私が大事だと思うことが全くずれていて無駄遣いさせてしまった
ということですね。本当にすみません。
まあ、知識の浅い私が書いたブログなんて、書き込み者が訪問することは
ないでしょうから、この声は残念ながら届きませんが(^_^;)

しかし、「誰にでも書ける」というんなら、書き込み者が韓国に関する
すばらしい本を書けばいいのにって思います。
大手はわからないけど、今、紙の媒体は大苦戦ですから、中小出版社は、
多額の製作補助金を出資し、ある程度内容があり、ある程度文章力の
ある人なら、本出せますよ。
それに、本当に心から批評したいと思うなら、匿名で書き込みするんじゃ
なく、著者の本名も本に出ているのだから、私に直接何らかの形で
批判してくればいいのにって思います。
内容によりけりだけど、匿名で特定の人を酷評するのは、その時点で
その人が勇気のない人であり、きっと公の場に立ったらネットの
書きこみと同じ内容を一言も発せないだろうなあと。

自分自身がアマゾンでの購入履歴がないため、書き込み者への
意見を書くこともできません(^_^;)
まああまり気に病むこと自体がバカらしいので、相手にしないように
しますが、それでもああいうのが著者に削除する権利もなく、
いつまでもネット上に残っているというのが、ちょっとイヤですね……
まあ、今後日本で韓国関係の本を出すことは二度とありませんから
安心してくださいと、声届かないだろうけど直接届ける手段がないので、
ここに書かせていただきます。
スポンサーサイト

Comment

私にとっては 

とても良い本でした。
きちんと韓国を知りたい、韓国語を学びたいと思いました。
私のような人もたくさんいるはずです。
韓国語、習い始めましたよ!
  • posted by 直子 
  • URL 
  • 2016.04/08 19:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

励みになります! 

直子さん:
ありがとうございます。そのように言っていただいて、とてもうれしく、とても励みになります!
伝えたいことはたくさんあるのに、一冊出してみて出版の限界を感じるなど、いろいろ辛いことが重なっていたところにあのカスタマレビューを見てしまったので、元気をなくしていました。でもおかげで、元気が出ました(^^)
韓国語、始められたのですね!応援していますよ~ファイティング~\(^o^)/
ブログのタイトルは変わりましたが、これからも韓国語学習情報などは変わらず載せていきますので、どうぞよろしくお願いします。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2016.04/10 12:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR