Entries

二人のヨン様、二つの「ヨ」

今日から3月。
まだ寒いけれど、あちこちで春の訪れを感じますね。
(先日の関東滞在では、花粉症で春を実感^_^;)
でも今日の話題は、冬とちょっとだけ関係があります。

先月、美容院に行ったとき、女性週刊誌にヨン様の結婚と日本のファンに
ついての話が出ていました。
その内容と私が感じたことをフェイスブックに韓国語で書いたところ、
韓国人の友人から、
「ヨン様って、誰?」
え、ヨン様を知らないの?

「ペヨンジュンのことよ。冬ソナの。日本で韓流ブームが始まったでしょ」
私がペヨンジュンと書いたことで、友人はやっと誰のことか理解。
そして、友人の書き込みを見、なぜ最初に「ヨン様」と書いて彼女に
通じなかったか、私もやっとわかりました。
私が綴りを間違えていたのです(>_<)

私が最初に書いた「ヨン様」は「영사마」で、ペヨンジュンは「배영준」。
友人が書いてきたヨン様の綴りは「욘사마」で、ペヨンジュンは「배용준」。
私、ヨン様の「ヨン」の漢字が「永」(영)と思いこんでいたのです。
たしか挿入歌か何かに、ヨンウォニ~(永遠に)、なんてあるから、
すっかり勘違いしていました。
ファンの方、すみません。
調べたら、「裴勇浚」のようですね。
「勇」以外は日本ではなじみのない漢字なので、中国語で入力しました。
友人が書いていた욘사마(ヨン様)で調べてみたら、「욘사마」って誰の
こと?と言った質問や説明などが出てきました。

このやり取りを通して、韓国語の発音の難しさを改めて感じました。
私が間違えた「ㅛ」と「ㅕ」について、私が韓国語を習い始めたときに使って
いた教科書『初級韓国語教本 アンニョン・ハングンマル!』(朝日出版社)
に出ている説明を引用します。

「ㅛ」と「ㅕ」の発音は日本語で表記すれば、両方とも[ヨ]ですが、
この2つの音ははっきり違いますので気をつけましょう。これらの
発音の違いもその基になっている単母音「ㅗ」と「ㅓ」の発音の
違いにあります。つまり、「ㅗ」は日本語の「オ」と同じ発音ですが、
「ㅓ」は「オ」より口を大きく開いて[オ]と発音するように、「ㅕ」も
「ㅛ」より口を大きく開けて[ヨ]と発音すればよいのです。


……とあります。
が、言うは易し、行うは難しで、なかなか難しい~
私には聞き分けるのも発音し分けるのも困難です。
せめて自分で発音するときは、口の形に気をつけて……と心がけては
いますけど、パッパッと話すときは「オ」も「ヨ」も一種類になっちゃいます。
あまりこだわりすぎると会話が成立しないので、聞くときは文脈で理解する、
話すときは文脈で相手に無理やり理解させています(^_^;)
韓国人や中国人が「か」と「が」、「た」と「だ」など清濁の区別が難しいのと
一緒かもしれませんね。

そうそう、私が最初間違えた「배영준」(ペヨンジュン)で検索したら、いろいろ
出てきましたよ。
もちろん、ヨン様とは別人です(。>ω<。)ノ

写真は2013年5月、冬ソナゆかりの地・春川(チュンチョン)にて。
私、韓国ドラマはあまり詳しくありませんが、なぜか冬ソナは何回も見ま
した。ナミソムにも2度行きました(^^)

2013年5月3日 春川市にて 冬ソナ看板
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR