Entries

伏見稲荷~清水寺 散策

関西には、文化遺産や自然を楽しみながら、比較的気軽に歩けるコースが
たくさんあります。
しかも、首都圏ほどウォーキングのスタート地点に着くまで時間がかかり
ません。東京に住んでいたときは、高尾山方面に行く場合、朝早くから
出発しないといけなくて一日がかりでしたが、低いけど山の多い関西では、
お昼頃家を出ても十分楽しめます。
昨日も、一通り家事を済ませ、お昼に出発。
伏見稲荷~清水寺まで歩きました。
京都一周トレイルの東山コースの一部に当たります。

一昨年の秋に一度伏見稲荷について記事をアップし、そのときにも書いた
のですが、外国人に大人気なんですね!
昨日は日曜でしたので、日本人ももちろん来ていましたが、もしかしたら
外国人の比率の方が高いのでは?と思うくらいでした。
20数年前、私はこの辺りが生活エリアだったことがあるのですが、
当時は初詣と節分等の行事のとき以外は、観光客ってそんなに多くなかっ
たです。ずいぶんと変わったものだなあと思います。
鳥居には、外国語の表記まで。
右側通行するように、と書かなければいけないほど人が増えてしまったの
ですね。

2016年2月28日伏見稲荷 千本鳥居注意書き

2016年2月28日 伏見稲荷 千本鳥居

見晴らしのいい所まで出ると、道がいくつかに分かれています。
ここで、東福寺、泉涌寺方面に歩いて行きます。

2016年2月28日 東山トレイルの標識

大勢で賑わっていた所から急に人気のない山道を歩き始めます。
少し進むと、こんな場所に出ました。

2016年2月28日 伏見稲荷 岩をまつる

岩を信仰しているんですね。
ソウルで、仁王寺~独立門を歩いていたときに見た、信仰の対象である
巨大な岩・ソンバウィを思い出しました。
もちろんソンバウィのほうがずっと大きいのですが、岩が信仰の対象に
なる、という点では共通していますから。
(ここの岩について知りたくて検索してみたのですけど、うまく出てこなかっ
たです。また機会があったら調べてみたいです)。

岩をまつってある所からしばらく進むと、宮内庁管轄の陵墓に出ます。
陵墓のうちのひとつです。

2016年2月28日 宮内庁管轄の陵

う~ん、韓国で見た土饅頭形の王陵みたい。

陵墓から少し行くと、泉涌寺。
時々ある上の写真のような標識に従い、先へ先へと歩きます。
途中住宅街を歩いたり山道を歩いたり。
あちこち曲がったりけっこう複雑。
そういう迷いやすい場所には標識があるので助かります。

アップダウンはあるものの、そんなにきつくありません。
山登りはしんどいけど、楽しんで歩きたいという方にはおすすめです。
観光もできますし。
ただ、途中人気のない山の中を歩くので、女性が一人で行くのは避けた
ほうが無難かもしれません。
もし一人で行くなら、歩くのではなく走り抜けたほうがいいかも(^_^;)

2016年2月28日 京都一周トレイル 山道

伏見稲荷から2時間半近く歩いたでしょうか、京都一周トレイル東山コース
を途中で抜け、清水寺に到着。
急に人でごった返す中に入りました。
産寧坂、二年坂。夕方だったけど、人が多い!
以前は2月ってシーズンオフで、人が少ないのがよくって冬よく訪れて
いました。
今は、シーズンオフも何もないくらい、常に人が来ているんですね。
もちろん、春や秋は身動きとれないほどになりますから、2月はまだまし
でしょう。

一時帰国してもうすぐ丸二年。
以前よく訪れていた清水寺や、産寧坂、二年坂、帰国して初めて行きました。
ずっと行きたかったのだけど、前以上に人が増えたと聞いていたので、
延び延びになっていました。
この辺りは好きな美術館もあるので、また行きたいです(^^)




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR