Entries

2016年1月台湾の旅14 街を歩いて感じたこと

台湾で、台北、高雄などの都市で歩いていて感じたこと、実にたくさんあり
ますが、日本の情報が多いなあ~という印象は、やはり強いです。

一週間であちこち見て回るため、いちいち立ち止まって写真を撮っている
余裕は残念ながらなかったのですが、本当に多い。
特に印象に残ったのは、コーセーなど化粧品の宣伝、JRの旅行の宣伝。
くまモン(着ぐるみじゃないですが)も見かけました。
ラーメン、牛丼など和食店、コンビニも。
和菓子の源吉兆庵があったのにも驚きました。
韓国も和食店は多いし、日本の食品もいろいろ売られていますが、
もしかしたら台湾のほうが日本的なものは、より手に入りやすいかも?
と感じました。
実際に暮らしたことがないので、あくまで旅行での印象だけですが。

一方で、韓国料理の店はそんなに多くないなあと思いました。
飲食店のメニューのひとつとして韓国式焼肉があったりしましたが、
韓国料理店として独立した飲食店はあまり多くないという印象です。
中国の北のほうは朝鮮族など朝鮮半島系の人が多いからかもしれません
が、もっと韓国料理店が多いので、それと対照的だなあと。
もしかしたら、味の好みの違いもあるかもしれませんね。
人それぞれというのが前提ですが、友人を見てみても、中国の南方系の
人は、より和食を好む感じがします。
同じ中華料理でも、北と南その他地方によって、本当に味が違いますから、
その影響はあるかもしれません。

でも、高雄では、こんな宣伝も見かけました。

2016年1月19日 高雄 雪花秀の宣伝

「설화수」(雪花秀)。
ソウルに住んでいたとき、免税店で中国人観光客がたくさん集まって
いました。
高麗人参などを使っていることも人気の理由なのでしょうか?
私も好きなのですが、高いので、最近は買っていません(^_^;)
年齢が高くなるほど、基礎化粧品には投資しなければとは思うのですが。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR